全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

西表島で星の観望会 国内初の星空保護区認定 地域住民参加し魅力再発見

東部地区の住民に星空の魅力を伝えた「星をみる会2020 in 西表島」=14日、西表東部地区(望月達平代表提供)

 【西表】国内初の星空保護区認定を受けた西表島で星を観察する「星を観る会2020 in 西表島」が6月11日〜20日にかけて同島東部地区で7回開かれ、同地区の住民55人が参加し、島が誇る星の魅力を再発見した。motti(もっち)西表島トレッキングエコツアーの望月達平代表が企画した。

 滞在型観光を推進する竹富町にとって星空観察は重要な観光メニューの一つ。望月代表は、貴重な観光資源に理解を深めてもらおうと、地元住民向けの無料観望会を開催した。

 観望会は集落から200㍍離れた近場で行われ、夜空に広がる天の川、南十字星、さそり座、夏の大三角形を観察した。望月代表は、観光客が西表の星空の価値、無駄な光を上空に漏らさないための工夫について説明。参加者は光害がもたらす影響について学んだ。

 望月代表は「参加した皆さんが島に残る星空の魅力を内外へ発信してもらい、この環境を守るため考えるきっかけになればうれしい」と話した。

関連記事

アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく、人々癒やす  奄美市名瀬朝戸

 鹿児島県奄美市名瀬朝戸の大川沿いで、アコウの実が鈴なりになっている。落葉した枝や幹に、淡い紅色の愛らしい実がたくさん付き、通る人の目を楽しませている。  アコウはクワ科の常緑高木。幹から気根...

長野日報社

オオムラサキ羽ばたく 茅野市の小泉山で20匹放蝶

 茅野市の小泉山体験の森創造委員会(柳沢孝夫委員長)は11日、同会で飼育・保護活動に取り組む国蝶「オオムラサキ」の放蝶会を同市上古田にある保護施設で行った。会員約20人が参加。同施設で大切に育て...

「夏の味覚お届けします」 マンゴー収穫がピーク

 夏の味覚八重山産マンゴーの収穫がピークを迎えている。ことしは例年に比べて豊作の傾向。生産農家は旬の味を消費者に届けようと収穫・出荷作業に汗を流している。  このうち、かわみつ農園(川満哲生...

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク