全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

豚肉ソーセージ試作 上伊那農業高校畜産班が新商品開発へ活動

手動の肉詰め器を使ってソーセージ作りを体験する生徒

上伊那農業高校(南箕輪村)の畜産班が、鹿肉や地場産牛肉などを使った新商品の開発に向けて活動を始めた。22日は基礎学習のための実習を同校で行い、生徒らが豚肉を使ったソーセージを試作。校内にある機器を使って加工が可能なのかを確かめた。

信大農学部出身で食肉加工に詳しい酒井一優さん(30)=現伊那市地域おこし協力隊=を講師に、ポークソーセージを作った。酒井さんはおいしく作るこつを教え、「自分たちのオリジナルの味にするにはどうすればいいのかを考えながら作って」とアドバイス。副班長の中村果歩さん(18)は「ハーブなどをうまく使って、上農のオリジナリティーが出せるように、みんなで研究したい」と話した。

同班は有害獣として捕獲された鹿肉を活用した鹿肉ジャーキー「でぃあでぃあ」の商品化で実績があり、地元牧場産乳用牛の肉を使ったビーフジャーキー「かうかう」も開発している。特に「でぃあでぃあ」は伊那市富県新山地区の住民との交流の中で生まれた特産品で、地域おこしにも貢献した取り組みとして2017年度の日本学校農業クラブ全国大会で最優秀賞を受賞している。

同班顧問の境久雄教諭は「全国に行ったメンバーが卒業したこともあり、心機一転、新しい商品開発に今年から取り組む。ゆくゆくは鹿肉や地元の牛肉を使えるようにしたい」と話している。

関連記事

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会 帯広

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

スマホQRスタンプラリー開始

 渥美商工会は観光客に地元の飲食店を利用してもらおうと、スマートフォンを使ったポイントラリー「めぐる~めQRスタンプラリー」を年末まで開催している。QRコードで登録して来店ポイントをためると...

本醸造28日発売 帯広畜大・碧雲蔵「初仕込み」第2弾

 帯広畜産大学の酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」で試験醸造された十勝限定販売の日本酒の第2弾「初仕込み 本醸造」が28日、管内の小売店やスーパーなどで発売される。  碧雲蔵は上川大雪酒造(上川管...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク