全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

コロナ早期終息を願い 赤も鮮やかな大提灯設置 善寳寺

 鶴岡市下川の名刹(めいさつ)・龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)に赤色も鮮やかな大提灯が新たに納入され、27日、開灯式が行われた。本堂の正面に取り付けられたもので、大きく「龍王尊」の文字が記された。

 式では新型コロナウイルスの早期終息を願ってお経が上げられた。「暗いニュースが続いたが龍神の力で皆さまに光を照らしたい。これから夏場にかけて寺の名物になってもらえればと思っている」と同寺広報。提灯内部から光を発せさせず、周囲にスポットライトを配してライトアップさせる。夜になっても山門は閉じられることなく24時間参拝できる寺だけに、夏は夕涼みがてらの参拝客へのサービスになりそうだ。

 「寺のシンボルになるものを新しく作ろう」と2年ほど前から五十嵐住職が発案し、東京・浅草「雷門」の大提灯(縦3メートル90、直径3メートル30)と同じ京都・高橋提燈に発注し、今月16日到着した。縦2メートル20、直径1メートル80と雷門に比べ小ぶりだが、近くに寄ると迫力がある。全て手すきの和紙で作られた。

 「龍神」はこの寺の守り神で水を呼ぶ神。航海安全、大漁祈願のため海運・漁業関係者が多く訪れることでも有名だが、提灯の裏には男女の龍神が仏の弟子となったことを示す戒名「龍道大龍王」「戒道大龍女」が記されている。

「龍王尊」と書かれた大提灯

裏には男女の龍の戒名

関連記事

ネオワイズ彗星を初撮影 石垣島天文台 堀内研究員が雲間から捉える

 石垣島天文台は7日、ネオワイズ彗星(すいせい)の撮影に成功した。同彗星は2020年3月27日、NASAの赤外線天文衛星NEOWISE(ネオワイズ)によって発見された彗星。7月頃、明け方の空で明るく...

長野日報社

学習就労支援を開始 駒ケ根市がIBMのプログラム活用

 駒ケ根市は7日、日本アイ・ビー・エム(IBM)が提供する社会貢献プログラム「SkillsBuild(スキルズビルド)」を活用した学習就労支援を始めた。市内に開設している駒ケ根テレワークオフィ...

荘内日報社

来年2月1-2日「王祇祭」史上初の中止

 鶴岡市黒川地区に長く伝わる黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の「王祇祭」が来年中止されることが明らかになった。6日、春日神社の難波玉記宮司(77)から能役者をはじめ関係各所に通知された。毎年2月1~2...

群島在住者は観覧料100円 奄美パーク、島々の自然文化知る機会に 奄美市..

 鹿児島県奄美市笠利町の県奄美パークは4日、奄美群島在住者限定で観覧料の減額を始めた。地元住民に改めて奄美の自然や民俗、芸術などの魅力に触れる機会を提供する。8月31日まで。  同施設は来年で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク