全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫小牧工場

今年9月末でN―1マシンを停機する王子製紙苫小牧工場

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520人の人員規模は大きくは変わらない。同工場では段ボール原紙用に改造される新聞用紙用のN―5マシンも2020年度上期の停機が決まっており、10月以降の新聞用紙生産は抄紙機5台体制で効率的に進めることになる。

 同社によると、苫小牧工場の新聞用紙生産能力は年間約100万トンだが、近年は新聞用紙の需要が落ち込み、19年度は70万トン程度になる見通し。今後も需要減少が見込まれるため、設備の統廃合を決めた。

 同工場の抄紙機は新聞用紙用7台、微塗工紙用1台の計8台。9月末で停機するN―1マシンは1964年から稼動している。年間生産能力は12万トンで同工場内の新聞用紙用抄紙機としては最小。停機に伴うコスト削減効果は固定費を中心に年間2億円程度を見込んでいる、約520人の社員規模について本社管理本部は「抄紙機の停機以降もグループ全体で人員配置を行う予定で大きな増減はない」としている。

 同工場ではこのほか、グループ全体の生産体制再構築に伴い、関連会社の王子マテリア名寄工場から段ボール原紙部門が移管される予定。2021年度からの生産開始に向けて20年度上期中にN―5マシン(年間生産能力20万トン)を停機し、改造することも決まっている。

 新聞用紙の生産について同社は「苫小牧工場を中心に進めていくことは変わらない」(管理本部)としており、今後は5台の抄紙機を稼動させながら、経営効率化を高めていくとしている。 

関連記事

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

足取られ…田植え実感 新得小

 新得小学校(合掌浩孝校長、児童211人)の5年生36人が2日、共働学舎新得農場で田植えに挑戦した。  同校では5年生の総合学習で、田植えから収穫、調理まで一貫して稲作について学ぶ。田植えの大...

宇部日報社

フェンスに傘やてるてる坊主で梅雨をテーマに飾り付け

 社会福祉法人むべの里中山(隅田典代理事長)の駐車場脇のフェンス(高さ1㍍20㌢、幅30㍍)に、季節感あふれる飾りが取り付けられた。色とりどりの傘33本と、愛らしいてるてる坊主73個が並び、行き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク