全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サトウキビを収穫 収益は児童の活動費に 大原小学校

学校のサトウキビ畑で収穫作業に精を出す大原小学校の児童ら

 【西表】大原小学校(宮良貞光校長)はこのほど、児童、教職員、家族、地域の人々が参加して同校のサトウキビ畑で収穫作業を行い、約26.5㌧を収穫した。子どもたちは雨の中、雨具姿で頑張った。

 1~3年生は手で葉をむしり、背丈の倍以上もある重いサトウキビを力を合わせて積み上げた。4年生以上は鎌を使い、6年生男子は大人に交じってナタでキビを倒した。

 昼食は父親たちが作ったそばやおにぎり、名物メニューの担々麺が提供された。西表糖業からは出来たての黒糖のかたまりが届けられた。苗の植え付けから2年がかりでサトウキビが黒糖になるまでを体験し、子どもたちは地域の基幹産業を学んだ。

 キビの収益金は子どもたちの漢字検定や活動費に生かされている。

 宮良校長、大舛久史PTA会長は保護者と地域の協力に感謝した。

関連記事

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

出身学生へパッション届け 徳之島町 ふるさと応援便第2弾

 鹿児島県徳之島町は8日から、新型コロナウイルスの感染拡大で帰省を自粛している同町出身の学生へ「ふるさと応援便」第2弾としてパッションフルーツの発送を開始した。町の担当者は「島の未来を担う学生に...

忠類ナウマンゾウ化石 足跡さらに発見を 現地事前調査

 幕別・忠類ナウマンゾウの発掘跡地で、今秋も実施される足跡化石発掘調査の打ち合わせが7日、現地で行われた。関係者が調査区域などを確認し、調査は10月19~22日、同26~28日の2回に分けて行うこ...

宇部日報社

山陽オート、久しぶりに観客入れレース

 山陽小野田市埴生の山陽オートレース場で、8日からGⅡ山陽王座防衛戦が始まった。新型コロナウイルスの感染対策として無観客でレースを開催してきたため、観客を入れてのレースは2月26日のGⅡ若獅子杯争...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク