全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

箱詰め作業始まる 上野大根のたくあん漬け

上野大根のたくあん漬けを桶から取り出し箱に詰める加工組合員

 諏訪市上野地区の特産・上野大根のたくあん漬けが出来上がり、県道諏訪辰野線沿いにある加工所で27日、箱詰め作業が始まった。地元9軒でつくる加工組合のメンバーが漬け桶を開封して20本ずつ箱に入れ、諏訪、上伊那地方を中心とする予約注文者に届ける準備を進めている。

 例年2万本を目標に加工しているが、今回は昨年10月の天候不順により、本数が確保できず、約1万5000本にとどまった。

 昨年11月から大根を天日で干し、ぬかや柿の皮、ナスの葉などとともに約3カ月間漬け込んだ。注文者には3月4日午前9時~午後3時に同所で引き渡すほか、農協配達や郵送で届けられる。4日の引き渡しの際は、上野大根のわっこ漬けや上野産の豆類も販売する。高島城祭での直売も予定している。

 「諏訪湖姫」の名で品種登録されている上野大根は、江戸時代に高島藩に献上された歴史があり、「信州の伝統野菜」にも指定されている。笠原正夫組合長(67)は「今年もおいしく漬かり、皆さんに満足して食べていただけると思う」と話していた。

関連記事

荘内日報社

世界の課題と鶴岡の食文化 フーデェヴァーでイベント「パネル展」

 世界の課題と鶴岡の食文化を考えるパネル展が18日から、JR鶴岡駅前の「つるおか食文化市場フーデェヴァー」で始まった。  国連が定めた「持続可能な食文化の日」(6月18日)に合わせて、世界のユネスコ食...

紀伊民報社

「かきまでご飯の素」人気 印南郷土料理を手軽に

 和歌山県印南町の郷土料理、かきまぜご飯を家庭でも簡単に食べられるように具材を密封容器に入れ、5月から販売している「かきまでご飯の素」が人気だ。  印南町では昔から祭りや結婚式など人が集まる時...

県民カレッジが開講 受講生22人、薬膳料理学ぶ

 「やいま 再発見!」をメーンテーマとした2018年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座(沖縄県教育委員会主催)が10日、開講した。同日午前、第1回講座「食べる健康 島野菜で長夏のかんたん...

紀伊民報社

生マグロ販売拠点に 勝浦漁港「にぎわい市場」完成

 日本有数の生マグロの水揚げ量を誇る和歌山県那智勝浦町は8日、生マグロなどの販売拠点として整備を進めていた「勝浦漁港にぎわい市場」が完成し、23日にオープンすると発表した。新鮮な生マグロや料理を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク