全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

秋サケ、今季も不漁か 当初健闘も昨年並みに-胆振地区の定置網漁

サケを水揚げする漁業者=9日午前4時ごろ、苫小牧港漁港区

 胆振地区の秋サケ定置網漁の漁獲は今季、不漁だった昨年並みの水準にとどまっている。10月末現在60万1771匹で前年同期比0・4%(約2100匹)増。9月の解禁直後はまずまずだったが、10月下旬(21~31日)は各漁協で軒並み前年を下回り、不漁の傾向が顕著になりつつある。苫小牧漁協は健闘していたが、当初の好漁の期待から一転して価格も抑え気味といい、漁の回復などを願う声は切実だ。

 胆振海区漁業調整委員会がまとめたデータによると、噴火湾を除く胆振沿岸の漁獲量は10月末現在、45万735匹で前年同期比1・7%(約7300匹)増とほぼ前年並み。金額は約8億2500万円で13・7%(約1億3100万円)減にとどまっている。

 漁獲量の漁協別内訳は、苫小牧が15万8261匹で4・8%(約7200匹)増。鵡川が4万5377匹で142・3%(約2万6600匹)増。いぶり中央、室蘭両漁協が前年割れする中、苫小牧、鵡川両漁協が胆振沿岸の水揚げをけん引している。

 一方、漁獲量は季節を追うごとに落ちている。10月下旬は噴火湾を除く胆振沿岸で9万9861匹にとどまり、19・7%(約2万4400匹)の大幅減。苫小牧が3万1762匹で2・3%(約700匹)減。鵡川が2302匹で19・5%(約500匹)減となっており、いぶり中央、室蘭も軒並み下落している。

 恵庭市のさけます・内水面水産試験場は「えりも以西海域は今季、前年よりも3割近く増えると見込んだが、思ったよりも少ない」と説明。2017年の記録的不漁以降、低調な傾向が続いており「主体になる4年魚が伸びを欠いているよう。原因はいろんな要素が考えられるので分析したい」と説明する。

 苫小牧は沿岸に定置網5カ統の権利を持ち、漁船3隻で回しているが、11月に入ってからは漁獲の落ち込みを踏まえ、漁に適した好天でもあえて隔日操業にしている。

 9日に出漁した「錦漁丸」の船長、高島昭彦さん(60)は「全然だめ。10月後半から獲れなくなってきた。今は2日分でも100~200匹ぐらい」と嘆き、「12月3日の漁期まで操業するが、何とか上向いてくれないと」と願っていた。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク