全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちとパンに入れる地場産具材の候補を試食した。来年2月ごろに商品化する予定で、売り上げの一部は、地元の宇宙ベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)に寄付する。

杉山社長(右)からロケットパンについて説明を受ける大樹高生。手前が試食用の大樹産食材

 ISTは5月に観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の宇宙への打ち上げに成功。満寿屋商店は3号機打ち上げ時にISTへパンを差し入れするなど支援しており、杉山社長が「ロケットに興味を持ってもらい、宇宙産業を盛り上げるようなパンを作りたい」と町や町教委に提案。地元の児童・生徒の協力を仰ぐことになった。

 この日は家庭科フードデザイン科目の3年生22人が参加。チーズやソーセージなどの地場産食材11種類をソフトフランスパンと一緒に試食、味などを熱心にメモに取っていた。パン生地に練り込む予定の牛乳やチーズの製造工程で発生するホエー(乳清)も試飲した。

 生徒からは「サケとばとチーズのみそ漬けの組み合わせがおいしい」などの意見があり、ある男子生徒(17)は「源ファームのベーコンが衝撃的においしかった。調理師を目指しているのでパン作りに関われることがうれしい」と笑顔を見せていた。

 今後は高校生が食材の組み合わせやコンセプトなどを考え、満寿屋商店が試作品を練り上げながら完成を目指す。小・中学生からはパッケージのイラストやデザインを募集している。

 モモの打ち上げの見学に訪れたりするなど、ロケットに関心が高い杉山社長は「大樹の食材はどれもおいしい。ISTの社員にもアドバイスをいただき、店頭販売のほか、ロケットの打ち上げ見学時にも食べてもらえるものにしたい」と話していた。

関連記事

ふるさとPRフェスタに十勝の西部4町が出展

 東京都台東区内で19、20の両日開かれた「第4回ふるさとPRフェスタ」に、西十勝の4町(芽室、清水、新得、鹿追)が合同で出店。乳製品や農産物など、自慢の特産品を販売した。  十勝町村会(会長...

新ジャンル、泡盛「尚」を共同開発 八重泉、請福ら県内12酒造所

 【那覇】八重泉酒造や請福酒造を含む県内12酒造所が蒸留を3回行う製法で米こうじの優しい甘みと華やかな香りを引き出した新ジャンルの泡盛「尚」を共同開発した。世界の4大スピリッツとされるウオツカ...

十勝おはぎ 桜の活力に ラグビー日本代表に好評

 ラグビーワールドカップ(W杯)で躍進する日本代表。大会前は十勝産小豆のおはぎが差し入れされ、チームに好評。大会中は試合前の食事「マッチミール」におはぎが採用され、選手の活力になっている。 ...

特色生かし三河体験

蒲郡などでMIKAWA de じゃんだらりん  秋から初冬にかけて三河地方で体験プログラムを展開する「MIKAWA de じゃんだらりん」(実行委員会主催)が1日、蒲郡市などで始まった。12...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク