全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「十勝夕暮れコーラ」人気 本州居酒屋で提供

 道産のてんさい糖などを使ったオリジナルクラフトコーラ「十勝夕暮れコーラ」の人気が高まっている。4月の完成直後は、十勝管内の飲食店での提供が大半だったが、7月からは首都圏と関西で展開する居酒屋チェーン「北海道シントク町 塚田農場」での提供が始まったため、品薄状態が続いている。

十勝夕暮れコーラのメンバー(左から)吉田武馬さん、儀間雅真さん、真浦綾子さん、松永正宗さん

 「北海道シントク町-」は塚田農場などの飲食チェーンを展開するエー・ピーカンパニー(本社東京)の飲食事業の一つ。同社は全国6カ所で地鶏を生産。2011年から新得町の同社養鶏場でも生産を始めた。首都圏、関西で11店舗展開する「北海道シントク町-」ではブランド鶏「新得地鶏」のほか、夢想農園(士幌町)の白カブや、なまら十勝野(芽室町)のトウモロコシなどの十勝産野菜を含む道産食材を提供している。

 十勝夕暮れコーラの提供は同店で開催中の十勝フェア(7月17日~9月30日)で炭酸割り(以下税別、500円)、ジンジャーハイボール(580円)、ジンコーク(同)の3種。エー・ピーカンパニーによると既に約1100杯売り上げており、想定の約2倍のペースだという。同社は「フェア終了後も定番メニュー化を視野に入れて検討したい」としている。

 十勝夕暮れコーラプロジェクトのメンバーの一人、真浦綾子さん(43)は「想定よりも早い売れ行き。多くの方に楽しんでもらえるよう今後の展開を考えたい」と語る。

 十勝夕暮れコーラは管内約10カ所の飲食店のほか藤丸や音更町のハピオ木野などでも販売している。

関連記事

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

長野日報社

参観日にパーティー 原小4年1組が角寒天作り

長野県原村の原小学校4年1組(牛山あゆみ教諭、32人)は今年度の総合的な学習で、角寒天作りに取り組んできた。18日には5回目となる「天出し」作業を行った。今後、天候や寒天の乾燥具合を見ながら1...

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

紀伊民報社

養殖魚の冷凍茶漬け

 近畿大学発のベンチャー企業「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は、養殖魚3種類(マダイ、シマアジ、クエ)を使用した「切り身まるごと 近大おさかな茶漬け」=写真=の販売をホームページで始めた。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク