全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「十勝夕暮れコーラ」人気 本州居酒屋で提供

 道産のてんさい糖などを使ったオリジナルクラフトコーラ「十勝夕暮れコーラ」の人気が高まっている。4月の完成直後は、十勝管内の飲食店での提供が大半だったが、7月からは首都圏と関西で展開する居酒屋チェーン「北海道シントク町 塚田農場」での提供が始まったため、品薄状態が続いている。

十勝夕暮れコーラのメンバー(左から)吉田武馬さん、儀間雅真さん、真浦綾子さん、松永正宗さん

 「北海道シントク町-」は塚田農場などの飲食チェーンを展開するエー・ピーカンパニー(本社東京)の飲食事業の一つ。同社は全国6カ所で地鶏を生産。2011年から新得町の同社養鶏場でも生産を始めた。首都圏、関西で11店舗展開する「北海道シントク町-」ではブランド鶏「新得地鶏」のほか、夢想農園(士幌町)の白カブや、なまら十勝野(芽室町)のトウモロコシなどの十勝産野菜を含む道産食材を提供している。

 十勝夕暮れコーラの提供は同店で開催中の十勝フェア(7月17日~9月30日)で炭酸割り(以下税別、500円)、ジンジャーハイボール(580円)、ジンコーク(同)の3種。エー・ピーカンパニーによると既に約1100杯売り上げており、想定の約2倍のペースだという。同社は「フェア終了後も定番メニュー化を視野に入れて検討したい」としている。

 十勝夕暮れコーラプロジェクトのメンバーの一人、真浦綾子さん(43)は「想定よりも早い売れ行き。多くの方に楽しんでもらえるよう今後の展開を考えたい」と語る。

 十勝夕暮れコーラは管内約10カ所の飲食店のほか藤丸や音更町のハピオ木野などでも販売している。

関連記事

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク