全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

手作り巨大垂れ幕登場!

 山校祭に遊びに来てね―。鶴岡市の鶴岡南高山添校(石川真澄校長、生徒57人)の校舎に26日、全校生徒手作りの巨大な垂れ幕が掲げられた。29日に同校で行われる学校祭「山校祭」を地域に知らせる山添高時代から続く伝統の垂れ幕。今年のデザインを担当した3年の宮崎優香さん(18)は「3学年そろって迎える最後の学校祭。お世話になっている地域の人たち、先生、生徒みんなが笑顔で楽しめる学校祭にしたい」と話す。

 デザインのテーマは「笑顔―Power of smile」。メルヘンチックなタッチで少年やトロッコ、ジグソーパズルのピースなどをカラフルに描いた。3台のトロッコに学年それぞれの思いを乗せ、パズルのピースを組み合わせて心を一つに学校祭を迎えたい思いを表現したという。

巨大な垂れ幕を校舎に掲げて生徒たちが29日の「山校祭」をPR

 宮崎さんのデザインを基に、布に下絵を施し、全校生徒が手分けしてペンキを塗り、縦8㍍、横20㍍(10分割)の垂れ幕を26日までに完成させた。5階建て校舎に掲げる作業は、宮崎さんら十数人の生徒と先生たちが協力。10枚分割の布をそろえ、カラフルな垂れ幕が無事に掲げられると「いいじゃん」「ばっちりだよ」。青空の下、生徒や先生たちに笑顔が広がった。

 山校祭は例年、400―500人が来場する地域の人気イベント。体育館をメーン会場に29日午前9時半から午後2時に一般公開。フライドポテトやカレーライス、かき氷、タピオカドリンク、玉こんにゃくなど十数種類の食品が全品100円以下。的当て、紙芝居、割り箸鉄砲、縁日、映画上映など子どもから高齢者まで楽しめる多彩なイベントも用意。地元のくしびき西部保育園の遊戯、櫛引西小金管バンド演奏などの披露もある。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク