全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体

ブドウ畑の前で芽室産ワイン「INIZIO」をPRする関係者(左からラベルのデザインを担当した長岡淳一さん、尾藤さん、吉田さん、廣瀬さん)

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェスティバル(25日、北海道ホテル)で一般に振る舞う。

 「イニツィオ」は「はじまり」を意味するイタリア語。町内の約7ヘクタールで収穫したブドウを100%使用し、699本生産した。昨年収穫したブドウに「清舞」「山幸」「ツバイゲルトレーベ」の既存品種を合わせた。醸造、瓶詰め、ラベル貼りなどは池田町ワイン城で行った。

 カウンティはブドウの生産者団体。2月にはワイナリー建設に向けて「めむろワイナリー株式会社」を設立、2021年のワイン販売を目指す。イニツィオは定番銘柄の一つになる。

 醸造責任者の廣瀬秀司さん(68)は「ブドウのコンディションを見ながら複数の品種のブレンド割合を検討したい」と述べた。めむろワイナリー代表の尾藤光一さん(56)は「芽室のまちづくりをワインを核に盛り上げたい」と話している。

 7月1日午前0時から道内在住者限定(先着100本)で予約販売を受け付ける。1本3500円(税別)。予約窓口は株式会社ファーム・ミリオン。ファクス(0155・61・5069)で受け付け、支払いは現金のみ。住所、氏名、年齢、電話番号、ファクス番号、予約本数を記載し、申し込む。ワインカウンティでは8月に町内で試飲イベントを開く。

関連記事

長野日報社

長野県伊那市産ヤマブドウワイン 上々の味「山紫」発売

 長野県伊那市が特産化を進めるヤマブドウ「信大W―3」を使ったワイン「山紫」の販売が23日から、市内を中心に南信地方の酒販店で始まった。昨秋収獲した果実は質、量ともに良好で、今季は過去最多の143...

“スタミナギフト”「肉丼」開発 帯広物産協会と東洋食肉販売

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

旭山学園自慢の十割そば 清水に17日そば店開店

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

長野日報社

「豊かな香り堪能して」 信州大学農学部でワイン販売

 信州大学農学部(南箕輪村)は14日、学生が昨年秋の実習で収穫したリンゴとブドウを使った2種類のワインの販売を構内の生産物販売所で開始した。ふじを使った「濃厚リンゴワイン」と白ブドウの「ナイアガ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク