全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体

ブドウ畑の前で芽室産ワイン「INIZIO」をPRする関係者(左からラベルのデザインを担当した長岡淳一さん、尾藤さん、吉田さん、廣瀬さん)

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェスティバル(25日、北海道ホテル)で一般に振る舞う。

 「イニツィオ」は「はじまり」を意味するイタリア語。町内の約7ヘクタールで収穫したブドウを100%使用し、699本生産した。昨年収穫したブドウに「清舞」「山幸」「ツバイゲルトレーベ」の既存品種を合わせた。醸造、瓶詰め、ラベル貼りなどは池田町ワイン城で行った。

 カウンティはブドウの生産者団体。2月にはワイナリー建設に向けて「めむろワイナリー株式会社」を設立、2021年のワイン販売を目指す。イニツィオは定番銘柄の一つになる。

 醸造責任者の廣瀬秀司さん(68)は「ブドウのコンディションを見ながら複数の品種のブレンド割合を検討したい」と述べた。めむろワイナリー代表の尾藤光一さん(56)は「芽室のまちづくりをワインを核に盛り上げたい」と話している。

 7月1日午前0時から道内在住者限定(先着100本)で予約販売を受け付ける。1本3500円(税別)。予約窓口は株式会社ファーム・ミリオン。ファクス(0155・61・5069)で受け付け、支払いは現金のみ。住所、氏名、年齢、電話番号、ファクス番号、予約本数を記載し、申し込む。ワインカウンティでは8月に町内で試飲イベントを開く。

関連記事

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

荘内日報社

「つるおかぼんちゃ」収穫始まる

 鶴岡の7月盆に食べられる茶豆(枝豆)の超極早生品種「つるおかぼんちゃ」の収穫が7日から同市内の枝豆産地で始まった。例年より5日、昨年より1週間ほど早い。生産者グループは「5月の高温と乾燥などの影響を受...

十勝パンスイーツ 13日発売 「甘すぎずおいしい」

 十勝パンを創る会(中島将好会長)が開発したオリジナルパン「オドゥブレ十勝」を使ったスイーツが、13日から会員の旭屋商店(芽室)と満寿屋商店(帯広)で販売されることになった。6日には試食会が帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク