全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

38.7度 帯広史上最高 5月の全国を更新

気温が上がり、最上部まで目盛りが表示された帯広駅前の気温計

 北海道上空に暖かい空気が入り込み、高気圧により晴天となるなど複数の条件が重なり、十勝地方は26日、気温が上昇した。帯広測候所によると、午後0時50分までの最高気温は帯広と足寄で38.7度を記録。今年初の猛暑日となった。帯広は1924(大正13)年7月12日に観測した37.8度を95年ぶりに更新し、観測史上最高。帯広は全国で最も気温が高くなり、5月の日本国内最高気温だった埼玉県秩父の37.2度を更新した。帯広、足寄、池田、幕別町糠内の4地点で38度を超えた。

 同測候所によると、管内の19観測地点のうち、機器不調により観測できていない大樹を除く18地点すべてで30度以上となる真夏日を記録。帯広と足寄の次に気温が高かったのは池田の38.5度。陸別、芽室、帯広泉、中札内村上札内、更別、糠内でも観測史上最高を記録した。最も気温が低かったのは豊頃町大津の30.8度。

 とかち広域消防局によると、正午までに熱中症の疑いによる救急搬送はなかったものの、午後も引き続き気温が高い状況が続くことから、注意を呼び掛けている。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク