全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地サイダー9種発売 天然着色料で味も刷新 十勝

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は5月1日から、全9種のサイダーを販売する。今年度は各サイダーに天然着色料を使い、以前より淡い色と優しい味にリニューアルした。

9種類をPRする研究会のメンバー

 十勝地サイダーは各町の特色が伝わる味と統一感のあるパッケージで、2015年から発売を開始。例年ゴールデンウイークに合わせて一斉販売している。集荷数は累計15万本を突破、種類は当初の5種から9種に拡大した。

 販売するのは芽室コーン、池田ぶどう、広尾しお、更別すもも、新得うめ、清水アスパラ、中札内チーズホエイ、本別黒まめ、足寄オンネトーブルー。

 今回のリニューアルでは、鮮やかな色を出すために用いていた合成着色料から天然由来の着色料に一新。ムラサキイモ、ベニバナなどを用いて淡い色合いと飲みやすい味に進化した。1本250円で、12本入りの詰め合わせも検討している。

 林会長は「当初の目標の10種類を目指し製品開発を進めたい。リニューアルしたサイダーをよく冷やして味わってもらえれば」とPRしている。

 全9種の販売場所は業務用食材小売店「アイフード」(帯広市西17南5)など管内4カ所。各町でもご当地のサイダーを販売している。問い合わせは同研究会(0155・22・3611、道中小企業家同友会とかち支部内)へ。

関連記事

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 池田・まきばの家

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク