全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

海岸漂着ごみ回収

 大学生ボランティア組織による海岸漂着ごみの回収活動が18日、鶴岡市の湯野浜海岸で始まった。20日までの期間、海岸約1・5キロをエリアに、一般参加の市民らとも力を合わせて活動を展開する。

 全国約100大学の学生約4100人の加盟するNPO法人「国際ボランティア学生協会」(略称・IVUSA=イビューサ、本部・東京都)が主催する「山形県日本海沿岸清掃活動」。東北公益文科大や、NPO法人パートナーシップオフィスなど地元関係者と連携して2016年から毎年続けており、環境問題への理解や学生交流を深めている。

 過去3回は夏の実施だったが、今回は海流や気候要因で漂着が増える冬の終わりに合わせて初実施。全国各地の32キャンパスから124人、地元学生として山形大、東北公益文科大の2大学から18人が参加した。

 移動日の17日を経て、活動初日の18日は同海岸で結団式を開催。円陣を組んで結束を高めるなどした後、海岸約600メートルの範囲でごみ拾いに励んだ。声出しなどはつらつとした学生らしさも見せながら、魚網やプラスチック類などを砂浜から掘り起こして回収していった。

 同清掃活動のプロジェクトマネジャーを務める東北公益文科大4年の齋藤昂大さん(22)は「学生の若い力と地元の方々の力を合わせた活動で、地域活性化にもつなげられれば」と話していた。

 19日は一般市民も加えて活動。

砂に埋もれた魚網も掘り起こして回収=18日午前

関連記事

荘内日報社

森林保全活動で杉の苗木を植栽

 鶴岡市の羽黒高校(牧静雄校長)の3年生たちが26日、学校新校舎建設の木材を切り出した学校創設者関連企業の所有する市内の森林で、杉苗の植栽活動に取り組み、森林の整備や保全活動への理解を深めた。  20...

紀伊民報社

甘酸っぱい香り漂う 梅の塩漬け本格化

 梅の本場である和歌山県みなべ町や田辺・西牟婁で、主力品種「南高」の熟した実を塩に漬け込む作業が本格化している。1次加工である「白干し梅」にする作業で、作業場には甘酸っぱい香りが漂っている。梅雨...

北海道十勝フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

宇部日報社

ブルーベリー狩り楽しむ、新鮮な甘酸っぱさ人気

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で、ブルーベリーが収穫期を迎えた。甘酸っぱい旬の味覚を求めて、多くの来園者が「ブルーベリー狩り」を楽しんでいる。7月20日ごろまで。    約20...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク