全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝和牛「お代わり」 帯広市内小学校給食で初提供

啓北小の児童によって、配膳される十勝和牛のハンバーグ

 十勝和牛の振興を図る「十勝和牛プロジェクト」は9日、帯広市内の小学校の給食に初めて十勝和牛を提供した。ハンバーグに調理され、子どもたちは和牛のおいしさを味わった。

 十勝和牛振興協議会(鈴木英博会長)やホクレン、十勝総合振興局でつくるプロジェクトで、これまで焼き肉イベントの開催などで十勝和牛をPRしてきた。子どもたちの認知度も高め、地元での消費拡大につなげようと給食での提供を決めた。

 啓北小学校(山崎則夫校長、児童373人)では「いただきます」のあいさつの後、多くの児童が真っ先にハンバーグを頬張り、お代わりを求める子どもたちも相次いだ。

 6年1組の女子児童(12)は「肉の味がしっかりしていておいしい」と話していた。

 この日、同校には振興協議会肥育部会の富永章嗣部会長が訪問し、十勝和牛を紹介。「年間1400頭しか出荷されない高級な牛。地元の皆さんに知ってもらいたくて啓北小学校に来ました」と話した。

 十勝和牛のハンバーグは、小学校には9日と10日、中学校には14日に、計1万2000食を提供する。

関連記事

紀伊民報社

熊野米台湾へ 田辺の米穀店が輸出

 和歌山県田辺市湊の駅前新通りにある米穀・炊飯販売会社「たがみ」(田上雅信社長)は、地元のブランド米「熊野米」を台湾に輸出した。今後、継続して取引されるよう商談中という。  日本政策金融公庫が顧...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

十勝の肉丼食べ比べ 牛、豚、鶏…9種類に行列 清水

 肉の祭典「十勝清水 肉・丼(どんぶり)まつり」(実行委主催)が16日、町有明公園で開かれた。地元産の十勝若牛や豚、鶏、羊などを使った9種類の丼が集結し、大勢の家族連れが食を堪能した。  肉...

「バナナ饅頭」マツコさん絶賛 池田「よねくら」に反響

 池田町を代表する銘菓で、土産物として100年以上親しまれ続ける「バナナ饅頭(まんじゅう)」が11日夜に放送されたTBS系のバラエティー番組「マツコの知らない世界」で紹介され、一躍、全国規模で脚...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク