全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝和牛「お代わり」 帯広市内小学校給食で初提供

啓北小の児童によって、配膳される十勝和牛のハンバーグ

 十勝和牛の振興を図る「十勝和牛プロジェクト」は9日、帯広市内の小学校の給食に初めて十勝和牛を提供した。ハンバーグに調理され、子どもたちは和牛のおいしさを味わった。

 十勝和牛振興協議会(鈴木英博会長)やホクレン、十勝総合振興局でつくるプロジェクトで、これまで焼き肉イベントの開催などで十勝和牛をPRしてきた。子どもたちの認知度も高め、地元での消費拡大につなげようと給食での提供を決めた。

 啓北小学校(山崎則夫校長、児童373人)では「いただきます」のあいさつの後、多くの児童が真っ先にハンバーグを頬張り、お代わりを求める子どもたちも相次いだ。

 6年1組の女子児童(12)は「肉の味がしっかりしていておいしい」と話していた。

 この日、同校には振興協議会肥育部会の富永章嗣部会長が訪問し、十勝和牛を紹介。「年間1400頭しか出荷されない高級な牛。地元の皆さんに知ってもらいたくて啓北小学校に来ました」と話した。

 十勝和牛のハンバーグは、小学校には9日と10日、中学校には14日に、計1万2000食を提供する。

関連記事

ぷらっと広場でラーメン 「古里の力に」 陸別

 陸別町出身の工藤篤史さん(43)が、商業活性化施設「コミュニティプラザ☆ぷらっと」(町大通)内の1階フリースペース「ぷらっと広場」に、コミュニティカフェ「K’Sキッチン」をオープンさせた。「古里の...

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク