全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「酪佳」日米便 機内食に さらべつチーズ工房

 さらべつチーズ工房(村更別北1線、野矢譲司社長)のセミハードタイプのゴーダチーズ「酪佳(らくか)」が、3月から米航空大手デルタ航空のビジネスクラスの機内食のメニューの一つに採用された。これまで世界各国の航空会社の機内食でも提供されており、同工房は「多くの人に味わってもらいたい」としている。

手間暇をかけて酪佳を製造する(右から)野矢敏章さんと野矢社長

 同工房のチーズは自家製の乳酸菌と更別産の生乳を使用。看板商品の「酪佳」は1年以上、熟成させるため、うま味が強いのが特徴だ。長期熟成のチーズは湿度管理など手間がかかることから製造する業者は少なくなっているという。

 酪佳は、機内食として2012年3月からJAL国際線ファーストクラスをはじめ、ルフトハンザ航空(ドイツ)、北欧のスカンジナビア航空でも提供されている。デルタ航空ではチーズ盛り合わせの一つとして採用された。ビジネスクラス「デルタワン」の日本発アメリカ本土便(成田、羽田、関空、名古屋発の8路線)で8月31日までの6カ月間提供される。

 同航空によると、春のメニュー改定の際に日本での機内食の委託先である東京フライトキッチン(TFK、本社千葉県)にヨーロッパ、アメリカ、日本のチーズ合わせて約20種類の推薦を受けた。日本のチーズを採用するのは初めてで、国内では酪佳と小林牧場(江別市)の手作りブルーチーズを選んだ。

 同航空でアジアのメニュー開発・戦略マネージャーを務めるデヴィッド・メイヤーさんは「酪佳は素晴らしいテクスチャーとナッツのような濃厚なフレーバーがあり、素晴らしい日本産のチーズを紹介できることをうれしく思う」と話している。

 同工房ではチーズの新工房を建設中。現在、敷地内の別々の建物で行っているチーズの製造、熟成、パッケージ包装までの作業を1カ所にまとめて効率を上げ製造量も増やす。今月中旬に完成し、5月ごろから稼働予定。野矢社長の父で、製造責任者の野矢敏章さん(69)は機内食の採用に「チーズの本場の国の企業に選んでもらえてうれしい。日本の醸造文化が優れているという自信を持った」と話している。

関連記事

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

荘内日報社

「つるおかぼんちゃ」収穫始まる

 鶴岡の7月盆に食べられる茶豆(枝豆)の超極早生品種「つるおかぼんちゃ」の収穫が7日から同市内の枝豆産地で始まった。例年より5日、昨年より1週間ほど早い。生産者グループは「5月の高温と乾燥などの影響を受...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク