全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

早春の祝い酒出荷 朝に搾り上げ瓶詰め

ラベルを貼り「立春朝搾り」の出荷準備をする酒販店関係者

立春の4日、日本酒「信濃錦」の蔵元、宮島酒店(伊那市荒井)が「信濃錦立春朝搾り」を出荷した。同日朝に搾り上げ、瓶詰めしたばかりの純米吟醸生原酒は無病息災や招福開運を願っておはらいを受けた早春の祝い酒。予約の消費者にその日のうちに届けられた。

同社19年目の「立春朝搾り」で、店頭には新しい酒林(杉玉)が飾られた。出荷準備は未明から開始。中南信地方を中心とする酒販店関係者ら約20人が作業を手伝い、「平成三十一年己亥二月四日」と印刷されたラベルを瓶に貼り付け、一本一本仕上げた。春の始まりを祝う立春の酒は、神職のおはらいを受けた後、酒販店に引き渡された。

約3700本(720ミリリットル換算)を出荷した。同市高遠町山室で減農薬栽培した酒造好適米「美山錦」を使った酒で、出来栄えも良く、宮島敏社長は「香りは華やかで、涼やかですっきりした味わいに仕上がった」と満足そうだった。

全国の酒販店や酒蔵などが加盟する日本名門酒会が、立春にできた新酒を、その日のうちに飲んでもらおうと企画した取り組みの一環。22年目の今年は宮島酒店を含む全国45蔵が計約30万本を出荷した。

関連記事

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

荘内日報社

「つるおかぼんちゃ」収穫始まる

 鶴岡の7月盆に食べられる茶豆(枝豆)の超極早生品種「つるおかぼんちゃ」の収穫が7日から同市内の枝豆産地で始まった。例年より5日、昨年より1週間ほど早い。生産者グループは「5月の高温と乾燥などの影響を受...

十勝パンスイーツ 13日発売 「甘すぎずおいしい」

 十勝パンを創る会(中島将好会長)が開発したオリジナルパン「オドゥブレ十勝」を使ったスイーツが、13日から会員の旭屋商店(芽室)と満寿屋商店(帯広)で販売されることになった。6日には試食会が帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク