全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アンパルで魚観察 親子連れなど参加 自然守る会

網にかかった小魚を集める子どもたち=26日午後、名蔵アンパル

 ラムサール条約に登録されている石垣市の名蔵アンパルで26日午後、夏休み恒例の「魚の観察会」(アンパルの自然を守る会主催)が開催され、親子連れなど15人が淡水と海水の入り交じる環境に生息する生き物について調べた。

 観察会では魚の専門家として藤本治彦氏と廣川潤氏を講師が務め、生き物の名前や生態などを紹介した。

 参加者は、河口付近で事前に仕掛けられた網の中からアジの仲間を発見。重さ1㌔とみられるアミメノコギリガザミもかかっており、迫力あるハサミに参加者から歓声が上がった。

 この後、上流のマングローブ林で地引き網を体験。スジモヨウフグ、オニヒラアジ、ゴマフエダイ、オキナワフグなどを確認した。

 藤本氏は「海の魚も小さい時は餌が豊富で身を隠せるマングローブや湿地で生活し、成長して海に戻っていく。アンパルは『小魚のゆりかご』と言われている」と解説。

 子どもたちは興味深く小魚に見入り、潮の満ち引きでアンパルに入ってくる魚を通して、アンパルが生き物にとって重要な意味を持つことを理解した。

関連記事

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

ZTF彗星 石垣島天文台が撮影成功 冬の夜空に緑の光

 石垣島天文台は1月31日明け方、ZTF彗星の撮影に成功した。  昨年3月に発見された彗星で、太陽光の影響で核の周りに明るい緑色の輝きを放つのが特徴。  今年1月から2月にかけて地球に接近する。1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク