全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

信州大学農学部 山ぶどうジュース発売

「おいしいジュースができました」と早めの購入を呼び掛ける信州大学農学部生

 南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で26日、信大オリジナル品種のヤマブドウ「五一アムレンシス」を原料にした「山ぶどうジュース」の販売が始まった。栽培に携わった学生や技術職員らは「甘くて濃厚だが、酸味があって、すっきりした味」と出来栄えを喜んでいる。

 昨年10月に構内のほ場で収穫した、2017年産ヤマブドウを使用した。収量は例年の1・5倍に当たる約3・5トン。平均糖度も19度ほどとやや高めで、「例年を上回る出来栄え」という。うち約735キロ分をジュース用に回し、松川町のまし野ワイナリーに加工してもらった。

 ヤマブドウの栽培実習は、植物資源科学コース3年の希望者が誘引や摘房などの作業をして育て、同コース2年生全員で収穫するのが恒例。昨秋に17年産を収穫した3年の篠原理沙さん(21)と山田彩乃さん(20)は「作業は大変だったけれど、甘くておいしいジュースができて、うれしい。実習の後や暑い日に飲みたいですね」と喜んでいた。

 1本(500ミリリットル)の価格は1000円(税込み)で、520本を用意。同学部付属施設は「例年のペースだと、27日に完売するだろう。早めに購入を」と呼び掛ける。

 問い合わせは同学部付属施設(電話0265・77・1318)へ。

関連記事

陸別町のキャラが菓子に たい焼き風

 商業活性化施設コミュニティプラザ☆ぷらっと内のコミュニティスペースぷらっと広場で営業する「K’Sキッチン・陸別ラーメン」は、陸別町のマスコットキャラクターをかたどった「しばれくん・つららちゃん焼...

長野日報社

寒風にさらされ乾燥 茅野市で角寒天作り始まる

冬の寒さを利用した諏訪地方特産の天然の角寒天作りの時期を迎え、茅野市宮川の五味喜一商店で6日、生天を寒風にさらす「天出し」作業が始まった。暖冬といわれる中、少しずつ寒さも増し、天候を見計らい昨年...

年末年始に備え三河ハゼ甘露煮

 今年も年末年始に備え、佃煮や甘露煮を製造・販売する豊川市御津町の平松食品御津工場で「三河本ハゼ甘露煮」作りが始まった。  三河湾で水揚げされたハゼが解凍され、ハラ出し、串打ち、焼き上げ、蒸...

紀伊民報社

特産サツマイモ「なんたん蜜姫」でプリン

 和歌山県串本町串本にあるレストラン「サンドリア」が、町特産のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったプリンを開発した。サツマイモの甘みを生かしたしっとりした食感のプリンで、人気商品になっている。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク