全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

加藤セチ博士(三川町生まれ)の功績 中学3年道徳教科書に掲載

日本の女性科学者の草分け 勉学への強い意志 人材育成再評価 元中学教師の長南さん(鶴岡)執筆紹介

人物教材として加藤博士の生き方を紹介した中学3年生向け道徳教科書

 2025年度版の中学3年生向け道徳教科書「生き方を創造する」(日本教科書)に、日本の女性科学者の草分けの一人として知られる、三川町押切新田生まれの加藤セチ博士(1893―1989年)を紹介した文章が掲載された。大正時代、女子の入学に固く門戸を閉ざしていた北海道帝国大学(現北海道大学)に女性として初めて入学を認められ、その後、国立総合研究所・理化学研究所の女性研究員第1号となって世界的な評価を受ける研究成果を上げた加藤博士の勉学への強い意志と功績を紹介している。加藤博士については近年、功績とともに女性研究者育成に尽くした活動などを含め再評価の動きが強まっており、理化学研究所では博士の名を冠した女性研究リーダー育成プログラムも始動させている。

 紹介文を執筆したのは、博士の業績を研究している元公立中学校国語教師の長南征子さん(80)=鶴岡市馬場町。25年度の教科書改訂に当たり、道徳専門の教科書会社・日本教科書から執筆依頼を受け、加藤博士を取り上げた。

 加藤博士を教科書に執筆した長南さんは「加藤セチさんは、女性に対する理不尽で矛盾いっぱいの世の中を強い意志を持って変えていこうとした人物。その思いとともに、素晴らしい研究成果、人を育てる活動を若い人たちに伝えたいと思った」と話した。

加藤セチ博士

 加藤セチ博士 鶴岡高等女学校退学後、山形女子師範学校に進学。狩川尋常高等小学校で教員を務めた後、東京女子高等師範学校(現お茶の水大学)に進学。札幌の高等女学校で教師を務めながら北海道帝国大学に入学した。理化学研究所には1922年から定年の54年まで勤務。その後も嘱託として研究を続けた。1968(昭和43)年に三川町最初の名誉町民となり、母校の押切小学校には顕彰コーナーがある。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク