全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

農園に掲げる看板図案を手に参加を呼び掛ける湯田坂さん

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で、自作の楽しさ、収穫の喜びを味わってもらい、新たな農業者を育てる一歩になれば-と中堅職員3人が発案した。同農協の次代リーダー養成プロジェクトの初仕事でもあり、「市民と農業、農協をつなぐ場にしたい」と張り切る。諏訪地方在住者を対象に体験参加費1万円で先着10人。19日から希望者の受け付けを始める。

 企画したのは営農部茅野市営農センター所長代理の湯田坂和臣さん(45)、同部生産資材課長代理の五味正宏さん(48)、あぐりライフ信州諏訪総合企画係長の中島博光さん(39)。農業者の高齢化が進む中で「諏訪地方の農地を守るために新たな担い手が必要」と見据え、あぐりクリエイト社の協力を得て農業の手始めを提供することにした。

 湯田坂さんは「農地を借りるのには大きな勇気が要る。農業に憧れる人のお試しや子育て世代の親子体験に利用してもらえたら」とし、「色形の良い野菜を作るのがどれほど大変か、いびつな野菜にも湧く愛着を味わってもらえたら農業への理解が深まると思う」と願いを込める。

 貸し出す農地は1区画0.7アールで、利用期間は11月末まで。好きな作物の種や苗を植える作業からスタートし、自由に農作業を楽しんでもらう。希望で随時、相談に応じ、状況に合わせた効果的な技術をアドバイス、将来の起農支援まで万端なサポートが農協ならではのうりだ。

 開園は3年がかり。組織内で理解を広げ、農地の確保、運営の仕方などで対外交渉の労も経験した。「あぐりクリエイトが『一緒にやろう』と言ってくれたことが本当にうれしかった。町農業委員会も応援してくれた」とメンバーたち。これまで農業のプロ相手の仕事が主だった3人にとっても、地域のさまざまな人と交わり、農業のすそ野を広げる挑戦の場だ。

 利用希望の申し込みはJA営農部(電話0266・71・2700)へ。午前8時30分~午後5時。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク