全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールができた。ぜひお試しください」と話している。

クラフトビール「さらべつふるえーる」を紹介する赤澤部長

 同青年部では数年前からクラフトビール造りを模索。村の農業の特徴が多品目で大規模な作付面積を誇ることから、中でも代表的な小麦、メークイン、ナガイモ、金時豆、ビート(砂糖)の5品目を副原料として使用した。商品名にも、更別の「すべて(full)」を詰め込んだ「ふるさと」のビール(ale)で村を「応援(yell)」したいという思いを込めた。

 同ビールはベルギー発祥の「セゾンスタイル」。農閑期に仕込み、夏場の農作業中に喉を潤すために造られたビールであることから、軽い飲み口が特徴。同JA経営相談課は「ホップの香りが強く、グレープフルーツのような香りを感じるすっきりした飲み口」と紹介する。

 パッケージは更別の「さら」の文字をデザインし、農家が青空の下、ビールジョッキを掲げる姿を描いた。ビール製造は網走ビール(網走市)に委託、パッケージデザインはプロコム北海道(帯広市)が手掛けた。

 同課によると2025年度からの販売を目指すとしており、現在は1缶350リットル(550円)で村内の「ヤマジョウ」(南1線91)で試験販売を行っている。

関連記事

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

長野日報社

山ぶどうジュース販売 甘味強く濃密な味 信州大農学部

 信州大学農学部(長野県南箕輪村)による「山ぶどうジュース」の販売が21日、構内にある同学部生産品販売所で始まった。同大オリジナル品種「五一アムレンシス」を原料に使用。甘みが強く濃密でこくのある...

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク