全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

支援物資などをワゴン車に積み込む紀州梅の郷救助隊のメンバー(28日、和歌山県みなべ町芝で)

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今回は炊き出しや復旧作業をする。

 救助隊は1月6~9日に石川県能登町を訪れ、支援物資を届けたほか、物資の荷降ろしや仕分け、炊き出しを手伝った。今回は能登町の対策本部から要請を受け、再び支援に向かうことになった。参加メンバーは7人で、そのうち4人が女性。さらに町議会議員が4人加わった。
 今回も紀州みなべ梅干生産者協議会や紀州みなべ梅干協同組合、JA紀州、町内外の事業所や農家らから提供を受けた梅干しや野菜、米などの支援物資を届ける。28日にメンバーらがワゴン車に支援物資や炊き出し用の食材、調理器具などを積み込んだ。
 被災地では避難所となっている鵜川小学校や小木中学校、観光・地域交流センター「コンセールのと」で炊き出しをする。町職員向けの炊き出しも予定している。さらに寺の復旧作業もして、3月3日に帰る予定。
 尾﨑隊長は「私たちの本来の目的である復旧活動は十分にできないが、和歌山の心を届けたい。今回は町職員向けの炊き出しも予定している。職員も被災者なのに支援が行き届いていないと思う。少しでも手助けしたい」と語った。
 同行する町議の山本秀平さん(32)は「大学時代に石川県で暮らしたこともあり気になっていたので、支援活動に参加させてもらった。少しでも被災者の力になり、被災の状況も見て、将来起こる可能性がある和歌山の震災に生かせればと思う」と話していた。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク