全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

工場排出CO2をハウスミカン栽培に再活用

 ニューセラミック関連商品製造などを手掛ける名古屋市東区の「日本特殊陶業」は、蒲郡市港町の食用油製造「竹本油脂」などと連携し、工場から排出された二酸化炭素(CO2)をハウスミカンの栽培に再活用する「地域Carbon dioxide Capture and Utilization(CCU)プロジェクト」に取り組んでいる。

プロジェクトに意気込む松井副社長と鈴木市長、竹本社長、神田副代表(右から)=蒲郡市民会館で

 冬のハウス栽培は、作物の光合成に必要なCO2が不足するため、灯油を燃焼させて確保している。日特陶は脱炭素化社会の実現や循環経済の推進に取り組んでいる。地域が抱える社会的な課題解決に貢献しようと全国の自治体を調査する中、広告代理店「新東通信」から、循環経済をまちづくりに取り入れた都市「サーキュラーシティ」実現を掲げる蒲郡市を紹介された。市に相談し、市内事業者を見学した。

 そこで、竹本油脂が地元蒲郡の産業発展と将来的にCO2削減の貢献を目指していることを知った。日特陶は市と竹本油脂などの官民が手を取り合って、地域でCO2と資源、エネルギーが循環して融通し合うような社会を目指そうと、取り組みに着手。豊橋技術科学大学と県農業総合試験場などがオブザーバーとして参加した。

 内容は竹本油脂の工場で排出するCO2を日特陶の作ったドラム缶に回収し、市内にある県農業総合試験場まで運ぶ。そこにあるハウス栽培のミカンの苗木3本に成長促進用のガスとして使う。出来上がったミカンの社会的価値を検証する。

 21日、市民会館で日特陶の松井徹副社長と鈴木寿明市長、竹本油脂の竹本元泰社長、新東通信名古屋本社の神田仁志副代表らが、プロジェクトの経緯を説明した。松井副社長は「気候変動の大きな原因の一つとして嫌われる存在のCO2を再利用し、貴重な資源に変えていきたい」と話した。

工場から排出したCO2でハウス栽培

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク