全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

二酸化炭素排出量ゼロへ産官連携 「KZCP」が始動 長野県伊那市でシンポ

「KZCP」のキックオフイベントとして開いたシンポジウム

 2050年の二酸化炭素実質排出量ゼロを目指して、長野県経営者協会上伊那支部など4団体は産官連携の基盤となる「上伊那ゼロカーボンプラットフォーム(KZCP)」を立ち上げ、活動を始めた。上伊那地域の自治体と企業が連携し、地域で脱炭素を推進する取り組み。22日には伊那市でキックオフイベント「ゼロカーボン・シンポジウム」があり、講演や意見交換を通じて事業者の脱炭素経営や地域連携について理解を深めた。

 同支部と上伊那広域連合、県上伊那地域振興局、県産業振興機構伊那センター・リサイクルシステム研究会が運営組織となり、昨年10月10日に発足。持続可能な社会の実現に向け行政や企業などさまざまな主体が脱炭素の取り組みを進める中、地域一丸となった取り組みが必要と判断し、希望者がいつでも参加できる産官連携の共同活動基盤を設けた。

 運営組織を代表して同支部の向山浩正支部長はあいさつで「個々で取り組んでいても限界が出てしまう。連携して取り組み、知恵を出していくことが大事」と強調。県上伊那振興局の布山澄局長は、課題や疑問を共有することで「今後どのように脱炭素社会をつくり、持続可能な社会を残していくか考えていきたい」と述べた。

 シンポジウムには上伊那を中心とした企業や行政の関係者ら100人余り(オンライン含む)が参加。立命館大学経営学部のラウパッハ・スミヤ ヨーク教授が「地域連携を軸にしている脱炭素経営―その可能性と課題」、信州大学人文学部の茅野恒秀准教授が「産学官の連携による地域ゼロカーボンの実現」をテーマに講演し、グループセッションでは参加者が脱炭素の取り組みについて意見交換した。

 KZCPでは上伊那地域でのゼロカーボン社会の実現に向け、シンポジウムやイベントの開催、省エネルギーの推進、先進地視察、人材育成、情報交換などの事業を展開していく。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク