全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

第1次能代大火から75年 教訓忘れず火災防御訓練

昭和24年の第1次大火から75年。消防署員や消防団員が訓練を通じて有事への備えを確認(能代市川反町で)

 能代市中心部北側の約4割を焼失した昭和24年2月20日の第1次大火から75年。大火の記憶を風化させず、有事への備えを徹底しようと、能代消防署は20日、同市川反町地内で火災防御訓練を行った。署員や地元の消防団員、住民らが参加し、初期消火など火災を拡大させないための手立てを確かめ合った。

 昭和24年の第1次大火は、同年2月20日午前0時35分ごろ、清助町新道(現浜通町)の木材工場付近から出火、風速10㍍前後の強い西風にあおられて火勢が拡大し東側へ延焼した。約7時間30分後の午前8時ごろに鎮火したが、官公庁や住宅街など市中心部北側の約4割を焼き尽くした。
 2238棟が焼失し、1755世帯、8790人が罹災。3人が死亡、265人が重軽傷を負った。損害額は30億2590万円で現在の金額に換算すると約246億9226万円と甚大な被害となった。
 同消防署は、第1次大火と昭和31年3月20日の第2次大火の記憶を風化させず、地域で有事に備える意識を高めることを目的に、昭和24年大火の日に合わせて火災防御訓練を実施。
 今回は、当時の火元に近い川反町を会場に、同消防署や地元の消防団と火災予防組合、地域住民ら約50人が参加した。20日午前10時ごろ、同地内の倉庫から火が出ているのを目撃した地域住民が119番通報するも、風速13㍍の強い西風によって飛び火し、付近の建物にも燃え移っていると想定した。
 はじめに火災を見つけた住民が手分けして火事触れしたり、消火器で初期消火を試みた。火事触れを受けて別の住民が119番通報し、現場の状況や逃げ遅れた人がいないかなどを通信指令員に伝えた。
 通報を受け、同消防署や西消防出張所、消防団から車両6台が出動。現場に到着すると、署員らは消火栓などの水利を確保し、手際良くホースを延長、火点に向けて放水した。また、高さ5~10㍍の水の幕をつくり出す「水幕ホース」も延ばし、周辺の建物への延焼を防いだ。
 訓練後、伊藤均署長は新潟県糸魚川市の大火(平成28年12月)、1月の能登半島地震の被災地、石川県輪島市で発生した火災にも触れ、「今回の訓練で初動体制の確認ができたことで大きな備えにつながった。災害はいつ、どこで発生するか分からない。改めて防災意識を高め、避難経路・場所や備蓄品の確認を行ってもらいたい」と訓示した。
 市火災予防組合連合会の今立貞逸会長(77)は「改めて地域の皆さんと協力して火災予防に努めていく必要性を感じた。火災を未然に防ぐために、報知器の設置、火から目を離さないことなどを呼び掛けていきたい」と気を引き締めた。
 このほか、同消防署や市内の消防団などは、車両による警戒広報を行い、住民に火の用心を呼び掛けた。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク