全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「えびすくい」の酒井さんですね 両陛下からねぎらいのお言葉 先賢を偲ぶ会 読師の大役エピソード紹介

 西郷南洲(隆盛)翁と菅臥牛(実秀)翁の人徳をたたえる「先賢を偲(しの)ぶ会」が18日、鶴岡市の致道博物館にある旧鶴岡警察署庁舎(国指定重要文化財)で行われた。旧庄内藩主酒井家18代当主の酒井忠久・同館名誉館長が、読師(どくじ)(司会役)の大役を務めた先月19日に皇居・宮殿松の間で行われた「宮中歌会始」について講話し、「(和歌を記された)両陛下をはじめ皇族方の御書は本当に素晴らしかった」と述べ、読師ならではの経験を紹介した。  

 読師は声を出さず、目配せなど所作で歌会の進行をつかさどり、両陛下の歌を拝受する重要な役どころ。忠久さんは昨年の歌会始で読師控(ひかえ)として参列し、所作を確認した。この時の印象について「歌を読み上げられる披講の方々の声が凛(りん)として素晴らしく、まるでライブハウスにでもいるような感覚だった」と紹介した。

 本番となった今年の歌会始では、読師が着席する披講席で皇族方の歌や入選歌が記された懐紙を1枚ずつめくるのに緊張したと話し、「2枚めくると進行が乱れるのでかなり注意した」と述べた。終了後には天皇皇后両陛下からねぎらいのお言葉があり、この際に天皇陛下が「『えびすくい』の酒井さんですね」と話されたエピソードを披露。酒井さんは「陛下も大河ドラマ『どうする家康』をご覧になっていたようだが、まさかそうしたお話がでるとは思わなかったので驚いた」と感想を率直に話し、「さまざまなご縁を頂いて読師を無事に務め上げることができ、大変光栄なことだったと思っている。来年のお題は『夢』。皆さんも詠進してみてください」と呼び掛けた。

 偲ぶ会は(旧西郷・菅先生を偲ぶの会)は両翁の人徳に学び感謝の心をささげようと、旧庄内藩主酒井家を中心に1888(明治21)年に始まり、戦後は致道博物館に引き継がれ、菅翁の命日(2月17日)に合わせて毎年開催。この日は約40人が出席。初めに両翁の肖像と、南洲翁の書を掲げ、酒井名誉館長を先頭に拝礼した後、講話が行われた。

読師の大役を務めた宮中歌会始について講話した酒井さん(左)

関連記事

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク