全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コラボ3品 13日発売 満寿屋×「インデアン」藤森商会 帯広

 カレーショップ「インデアン」を展開する藤森商会(帯広市、藤森康容社長)と、パン製造・販売の満寿屋商店(同、杉山雅則社長)は、試験販売していたコラボ商品3種類を2月13日から約1カ月間限定で本販売する。

コラボ商品をPRする開発担当者と杉山社長(前列左)、藤森社長(同右)ら

 コラボ商品開発は、まちなかの活性化と若手社員の育成が目的。昨年7月から月1度、勉強会・試作会を開き、商品開発の知識からマーケティング、アイデア出しなどに若手社員が携わった。

 今月22~28日には試作品3品を試験発売。アンケート結果などを受けて改良を加えた。開発に関わった満寿屋商店みちます(音更町)の八橋舞店長(24)は、「地元に根付いた企業とのコラボなので、(カレーとパンの両方に)満足できるものを食べてほしいと思って試作を重ねた」と試行錯誤を語った。開発を見守ったインデアン西21条店の山田久詞店長(47)は「回数を重ねる中で、若手社員は自分の意見を積極的に言えるようになった」と成長を実感した。

 本発売するのは、インデアンのトッピングとして、満寿屋の「白スパサンド」を揚げた「パンカツ白スパ&チーズ」(220円)。パンにソーセージとインデアンルーをはさんだ「クリチーカレードッグ」(360円)、デニッシュにカレーやカツなどを載せた「カツカレーパン」(360円)。試験販売時のアンケートを参考に、パンカツはサイズを倍に、カレードッグとカレーパンはベーシックルーからインデアンルーに切り替えた。

13日から発売する新商品

 3月10日まで販売。終了後は、収益性なども若手社員を交えて検証し、春以降にさらなる商品開発、イベント企画など連携を進めたい考え。杉山社長は「地域を元気にするような企画を進められれば」、藤森社長は「企画を通して若手社員にさらに成長してほしい」と期待した。

関連記事

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅう...

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク