全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

保護者が給食センター見学し市食 「衛生面の配慮に感心」【山陽小野田】

 山陽小野田市学校給食センター(和田英樹所長)の見学会と給食試食会は30日、西高泊の同センターで開かれた。保護者13人が参加し、安心・安全のための設備を見学後、この日に小学校で出された山口県の郷土料理「けんちょう」などを味わった。

 学校給食への理解を深めてもらおうと、希望する保護者らを対象に実施している見学会。新型コロナの影響で長く受け入れてなかったため4年ぶりとなった。

 管理栄養士らは「2018年9月から稼働した1日5500食の提供が可能な県内最大級の給食センター。現在は小・中学校18校に1日約5000食を提供している」と紹介。安心・安全への配慮では「原材料の入荷から製造、出荷へと続く各工程の中で食品の安全を確保するための衛生管理手法HACCP(ハサップ)に準拠した施設となっている。アレルギー食対応の専用調理室もある」と説明した。

 この後、2階研修室から1階の調理室を窓越しに見下ろし、エプロンの色で調理する人、温度を調べる人など役割分担しながら効率的に給食を作っている様子を見学した。

 献立の温かさを保つために2重構造になっている容器を触って確かめたり、調理の際に使っている長さ2㍍近いしゃくしを手にして「さすがに大きいね」と驚いていた。

 一番のお楽しみは給食の試食会。メニューは学校給食週間にちなんだ「山口県の郷土料理」。ダイコン、ニンジン、豆腐を煮込んだけんちょう、市内特産の「おのだネギ三昧」を薬味に使った白身魚の薬味ソースかけ、「長門ゆず吉」で作ったゆず吉ゼリーを口に運ぶと思わず笑みがこぼれていた。

 一緒に参加した小学1年生を持つ清中良子さんと中川瞳さんは「子どもたちがおいしいというので食べてみたいと参加した。味もさることながら衛生面に配慮されているのに感心した」と感想を話した。

 和田所長は「安心・安全でバランスの取れた献立はもちろん、郷土料理や国際理解を深めるために外国のメニューも登場する学校給食を身近に知って」とPRする。

 見学希望者は同センター(電話81―1122)へ。試食費として277円が必要。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク