全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

釧路管内観光数16%増421万人 23年度上期、19年の8割弱に【釧路市】

 釧路総合振興局は15日、2023年度上期(4~9月)の釧路管内の観光入り込み客数が421万200人で、前年同期比16・5%(59万5400人)増加したと発表した。5月に新型コロナウイルス感染症が5類に移行したことで旅行需要が高まったほか、各地でイベントが通常開催されたことなどで前年度を上回った。同感染症流行前の19年同期と比べると8割弱の水準に回復した。(荒井純)

 観光入り込み客数のうち、道外客は141万1400人(前年同期比25・4%増)、道内客は279万8800人(同12・4%増)。宿泊客延数は82万800人(同2・2%増)。月別に見ると、5~7月の入り込み客数が前年同期比20%以上増加した。同局では、7月中旬まで実施した道の旅行支援事業「HOKKAIDOLOVE割!」や延べ10隻が寄港したクルーズ船の効果も増加要因として挙げている。

 一方、訪日外国人宿泊客数は5万1091人で、前年同期の30倍。水際対策が緩和されたことで、19年同期と比べ7割の水準にまで回復した。国・地域別では台湾、香港、中国、シンガポール、韓国の順に多かった。

 市町村別では、釧路市が232万9700人(同16・1%増)、釧路町が9万7400人(同18・6%増)、厚岸町が30万2400人(同12・9%増)、浜中町が24万人(同50・9%増)、標茶町が8万4300人(同12・1%増)、弟子屈町が50万1400人(同10・6%増)、鶴居村が29万9100人(同11・9%増)、白糠町が35万5900人(同17・7%増)。

 浜中町は「レンタカーを利用した道外からの旅行客が増加し、18年上期の水準まで回復した」、弟子屈町は「円安の影響もあり、インバウンドの入り込み3800%伸びている」としている。

関連記事

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

十勝の精肉店がワンツー独占 味付ジンギスカングランプリで最高賞

 味付け羊肉の需要拡大を目的としたコンテスト「味付ジンギスカングランプリ2024」で、最高賞のグランプリに上田精肉店(新得)の「ラム肩ロースジンギスカン」、準グランプリにミートショップ小久保(芽室...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク