全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

倉地さんピアノ全国銅賞 小学生高学年部門【釧路市】

 2023全日本ピアノコンクール全国大会(日本音楽協会主催)の小学生高学年部門で、北海道教育大学附属釧路義務教育学校前期課程5年の倉地咲恵さんが銅賞を受賞した。同部門には全国から地区、ブロック大会を勝ち上がった52人が出場。初出場での上位入賞を「すごくうれしい。支えてくれた親や、指導してくれた先生に感謝している」と笑顔で喜んでいる。

 倉地さんは4歳でピアノを始め、木原奈津子さん(2007年度釧新郷土芸術賞受賞者)に師事。21年毎日こどもピアノコンクール小学校3年生の部で本選銅賞、22年ベーテン音楽コンクールバロック部門で全国ベスト10賞に入賞するなど、着実に実績を残してきた。

 全日本ピアノコンクールは未就学児から一般まで、16部門に約1500人がエントリー。動画審査と会場演奏が選べるハイブリッド形式で、道内では地区大会が札幌でしか開催されないため、倉地さんは動画審査で参加した。全国大会は会場演奏のみで、11月25日に横浜市の神奈川県立音楽堂で開催。倉地さんは課題曲でバッハのフランス組曲第2番エール、自由曲で同第2番メヌエット、マックスレーガーの青春時代よりOp・17─12生意気の3曲を披露した。毛色の違う3曲で技術の幅広さをアピールする作戦で、審査員からは「曲名の割に、弾き方が優等生」との感想が寄せられたものの、「素直で素朴な演奏に好感が持てる」と評価され、銅賞に輝いた。

 倉地さんは「演奏でミスがあり、入賞は難しいと思っていたので驚いた」と振り返り、今後について「課題曲にとどまらず、いろいろな曲を弾けるようになりたい。3月にはピアノ教室の発表会があり、木原先生と初めて連弾するのが楽しみ」と目を輝かせた。母の祐里子さん(38)は「よく努力してくれている。結果がどうあれ、音楽を楽しく続けてくれたら」と話している。

賞状を手に、受賞を喜ぶ倉地さん

関連記事

苫小牧 三星 カナダ産ハスカップ初輸入 道産品年々減少安定供給へ

苫小牧市糸井のパン菓子製造・三星は、良質なハスカップを安定して確保しようと、カナダ産を初めて輸入した。果実不足で販売を休止した商品の復刻や、新商品の開発に活用する方針で、「よいとまけ」などの看板商...

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク