全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

中札内産枝豆 ビアホールの人気不動 サッポロライオンで

中札内産枝豆を10年使用する銀座ライオン(新宿センタービル店)

 ビアホールなど全国で約170店舗を展開するサッポロライオン(東京)の一部店舗で、中札内産枝豆を使い始めて10年になる。時代とともにめまぐるしく変わるおつまみメニューにあって、「とりあえず」の枝豆は常に人気上位。中札内産が健闘している。

 サッポロライオンの歴史は古く、都内銀座7の銀座ライオンは日本最古のビアホールが起源で118年の歴史を持つ。枝豆本来の甘味や収穫後、瞬間冷凍する鮮度の良さから、JA中札内村(山本勝博組合長)の「そのままえだ豆」を評価し、2007年から、札幌や関東などの一部店舗で切り替えた。

 09年からは首都圏店舗を中心に大部分で中札内産を使用していた。出店エリア拡大や出・閉店のペースが激しく、一括した原料確保が困難に。昨年10月のメニュー変更で店ごとの使用産地を分散化した。現在は札幌、新千歳空港内など道内5店と都内と名古屋の6店で中札内産を使う。

 中札内産を使い続ける「銀座ライオン 安具楽 新宿センタービル店」(新宿区西新宿)は1日約100皿の注文があり「不動の1、2番人気メニュー」(三山高央支配人)。ビジネス客の利用が多く、最初にビールとセットで頼む人が圧倒的という。急増するインバウンド(訪日外国人旅行者)からも、欧米客を中心に注文が増えている。

 年間売り上げの2割を占める最大の繁忙期の7、8月を前に、サッポロライオン経営戦略部は「中札内産は解凍するだけで彩りも良く重宝している。ビールの売り上げ向上に一役買ってほしい」としている。

関連記事

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅう...

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク