全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ボージョレ・ヌーボー解禁 長野県諏訪市の「ホテル紅や」で楽しむ会

グラスを手に乾杯し、ボージョレ・ヌーボーの味を楽しむ女性たち=16日夜、諏訪市のホテル紅や

 16日午前0時に解禁されたフランス産ワインの新酒ボージョレ・ヌーボーを楽しむ会が同日夜、長野県諏訪市のホテル紅やであった。酒類の輸入卸を手掛ける野村ユニソン(茅野市)が主催する恒例イベントで、新型コロナ下の休止を経て4年ぶりの開催。県内外の約170人が奥深い風味を心行くまで堪能した。

 野村ユニソンオリジナルの自然派ヌーボー3種類を用意した。同社によると、ひょうが降ったり収穫前に高温があったりしたものの、比較的天候に恵まれてブドウの出来は良好。野村高城社長は「きれいな酸を持つヌーボーらしい味わいになっている」と評価し、「ホテル紅やさんのおいしい料理とともに楽しんでください」とあいさつした。

 会社の同僚と訪れた松本市の篠﨑彩乃さん(33)。「3種類全て味が違って、個性がある。どれもおいしい」と笑みを浮かべ、グラスを傾けながらフレッシュな味を楽しんでいた。同社では、ワインの売り上げの一部を東日本大震災の震災孤児を支援する「いわての学び希望基金」に贈る活動を継続していく。

関連記事

豊川でアールスメロンの出荷最盛期

 メロンの生産が盛んな豊川市で、ネット系の「アールスメロン」の出荷が最盛期を迎えた。今年4月に完成し、7月から本格稼働した同市三上町のJAひまわり「総合集出荷センター」では、農家が持ち込んだメロン...

6店と8農家のグループ 地産地消の新メニュー発表会 豊橋市

 豊橋市は16日、駅前大通2の「エムキャンパスフード」で、飲食店や菓子店と生産者が夏の農産物を使って共同考案した地産地消の新メニュー発表会を開いた。事前のマッチング会で結ばれた6グループが延べ12品を...

金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」 ファン広がる 広尾・鮨正

 広尾町内の飲食店「鮨正」が、金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」(750円)を提供し、評判を呼んでいる。1週間仕込んだ本格カレーを、すしシャリ(酢飯)で味わうのが特徴。店主の新谷要一さん...

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク