全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ミルクネット売り上げ好調 設立4年、年間52.4億円【釧路市】

 生乳卸売会社「MilkNet(ミルクネット)」(釧路市北大通10、福田貴仁社長)が、会社設立からわずか4年で前年比48・2%増となる52億4600万円の年間売り上げを記録。帝国データバンク釧路支店が発表した2022年度釧根管内主要企業売上高ランキングで23位にランクインした。福田社長(39)は「酪農家の皆さまの利益をどのように上げていくか」との会社理念を今後も重点に掲げて経営に当たる方針だ。

 「酪農家の利益重点」 福田社長

  同社は19年に設立。福田社長自ら道東の酪農家や日本各地の乳業メーカーに直接営業し、契約農家や卸先などからの信頼を得ている。20年にはコスト削減のほか、乳価を安定させることやオリジナル商品製作のため、自社独自での生乳輸送を開始。その後も右肩上がりで成長を遂げ、現在は釧路、根室、オホーツク管内の酪農家22戸から毎日145㌧、年間約5万2000㌧の生乳を集荷し、東京や大阪、名古屋のメーカーなどに直接販売するほか、自社のオリジナル牛乳を関東地方で販売している。

  さらに11月からは、酪農家にとって大きな可能性を秘めているという「和牛受精卵」の販売を開始する。乳牛から生乳を生産するためには、毎年乳牛を妊娠させる必要がある。このため道東の酪農家は、同種のホルスタインを人工受精させ、産まれた雌は飼育して乳牛へ、雄は安価で市場に売却することが一般的で、儲けはほぼないという。

 牛の特徴として、例えば和牛同士の受精卵であれば、別種の雌牛に移植した場合でも和牛が産まれてくる。この特徴を生かすため同社と山形県の企業が協力し、市場価値が高い和牛の受精卵の研究を1年ほど前から開始。処分する雌の和牛から卵巣を取り出し、新鮮な卵子で体外受精卵を生産することで、高い受胎率ながら安価な「和牛受精卵」を完成させた。

 すでに契約農家には説明を行い、期待の声や注文も入っているという。同社の契約農家が飼育する雌牛は約8000頭で、和牛の生産がうまく進んでいけば、酪農家のプラスになることは確実。同社にとっても、和牛の流通と海外への輸出までも視野に入れており、すでに準備を進めている。

 福田社長は「他地域から出て来た自分を信じてくれた酪農家の人たちに感謝している。近年道東地域は暗い話題も多いが、農業にはまだまだ可能性がある。酪農家たちの利益を上げていく理念を忘れず、これからも頑張っていきたい」と意気込んでいる。

 同支店によると、設立4年目で売り上げ50億円を突破した企業は、漁業が繁栄していた時代の水産業で多少はあったが、それ以外での記録はないとしており「地域にとっても非常に明るい話題。今年度の売り上げも順調に推移しており、今後も期待したい」と話している。

「道東の農業にはまだまだ可能性がある。酪農家の利益を上げるため、これからも頑張っていきたい」と話す福田社長

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク