全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

災害記録と記憶伝える 胆振東部地震 教訓継承へシンポジウム 厚真

北海道大学文学研究院が主催する災害の記録と記憶を伝えるシンポジウムがこのほど、厚真町の軽舞遺跡調査整理事務所で開かれた。胆振東部地震の記憶の継承に携わる町内外4人のパネリストが震災アーカイブの必要性について意見を交わした。

震災アーカイブについて意見を交わしたシンポジウム

 町教育委員会の乾哲也学芸員は「資料として残していくことで地域に住み続けることにつながる。若い人や子どもたちの教育にもなるし、メカニズムを伝えることで単なる授業ではなく、防災にもつながる」と説明。被災した爪痕がそのまま残る幌内地区の日高幌内川や津波堆積物の現場を案内する取り組みなども紹介した。奈良智法学芸員は「みんなで情報を共有できるようにいろんなものをいろんなスタイルで展示できないか」と語った。

 発災以前から町内での活動に携わる東北学院大学の定池祐季准教授は「厚真町にはもともと施設があって、学芸員がいて(資料として)受け入れることができた」とする一方、今後の保存について「コンセプトや判断する人によって内容は変わる。フラットに残していくことが大切」と指摘した。

 震災の影響で汚れたり、色あせたりした写真や書物の修復を手掛けるウェルビーデザインの西村勇太代表(芦別市在住)は、町内で7000枚以上の写真などを復活させた。ただ、「その後、全国各地で災害があるたびに過去のことは埋もれていってしまう。節目で情報発信することも必要では」との見解を示した。

 シンポジウムは北大のプラス・ミュージアム・プログラムの一環として開催。同プログラムの代表を務める北大文学研究院の今村信隆准教授は「震災は発災後の支援も含めて記録に残していくことが大事ということが分かった」と総括した。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク