全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

下諏訪町萩倉地区の歴史や文化継承へ 大学院生らが実地調査 長野県

下諏訪町萩倉の旧跡を巡ったほか、萩倉の模型を前にアイデアを話し合った大学院生や地元住民ら

滋賀県立大学と早稲田大学(東京都)の大学院生ら約10人は18、19の両日、長野県下諏訪町の萩倉地区で地域に根付いた信仰やなりわい、暮らしなどを実地調査した。自律的な地域の運営をサポートする研究プロジェクトの一環。調査をもとに今後、学生たちが萩倉の歴史や文化を次世代に継承していく方法を提案する。

滋賀県立大環境科学部の芦澤竜一教授と早稲田大創造理工学部の渡邊大志准教授が2021年ごろからスタートさせた「むらやし」プロジェクト。信仰や祭りなど地域の記憶媒体を「むらやし」と呼び、それらの”空間化”を目指す。日本や東アジアの5~6地域を対象に研究を進める計画で萩倉は2カ所目。将来的には各地域を結ぶネットワークを構築したい考え。

萩倉は7年目に一度行われる諏訪大社の御柱祭で、山出しの曳行路沿いにあり、見せ場の「木落し坂」がある集落。信仰と生活が一緒に存在する―などとして着目された。訪問は7月に続き2回目。19日には萩倉の集落を地元の人と歩き、山の神や裏山の石碑群などを見学した。萩倉公会所では学生らが作った萩倉の模型を展示。今後、さまざまなアイデアを模型に落とし込んでいく。

早大建築学科修士1年の李昴さん(23)は「萩倉には諏訪大社の信仰と、生活の中で作り上げられた山の神信仰がある。これらの関係性が分かれば面白いことができるのでは」と話した。プロジェクトの受け入れに尽力した小河原昌次さん(65)は「学生たちのアイデアを生かして地域の発展につなげたい」と期待した。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク