全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

7月に国際チャーター便 南紀白浜空港とベトナム

7月に5年半ぶりに国際チャーター便が運航される南紀白浜空港(和歌山県白浜町で)

 和歌山県白浜町の南紀白浜空港とベトナムを結ぶチャーター便が7月、2往復運航される。同空港への国際チャーター便は5年半ぶりで、ベトナムとは初めて。県は、コロナ後を見据えて国際チャーター便の受け入れ準備を進めてきたといい、今後、本格的に誘致を進めていく。

 日本とベトナムの外交関係樹立50周年記念事業。ベトナムの航空会社「ベトジェットエア」がエアバス社の「A320」を運航する。白浜と、ハノイ、ダナンを1往復ずつする。ハノイからは7月26日、観光客や青少年交流を目的にした高校生が白浜空港に来る。飛行機は同日、白浜空港から行政関係者や高校生、視察ツアー参加者を乗せてダナンに向かう。30日にそれぞれ帰国する。
 かつて白浜空港では中国や台湾、韓国などとのチャーター便が運航された。2018年1月には20便の実績があったが、国際関係の悪化やコロナ禍により、これが最後となっていた。
 県は21年に国際線誘致を強化するため、税関や検疫、出入国管理施設などを備えた「国際線ターミナル」を整備。コロナ後を見据えて準備を進めていた。
 そんな中、下宏副知事らが昨年秋にベトナムを訪問。チャーター便について議論し、今年5月に決定した。
 県担当者は「白浜空港に国際線ターミナルも完成した。積極的に国際線チャーター便を誘致し、地域の活性化につなげたい」としている。ベトナムのほかにも国際チャーター便の受け入れ調整を進めているという。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク