全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

上士幌の豆腐 人気じわり 移住7年目、中村さん手作り

 上士幌町内の豆腐店「まめけん」(東2線236)を経営する中村哲郎さん(65)が丹精込めて作った豆腐が、主婦層を中心に広く人気を集めている。中村さんは「これからも日々の食卓に出来たての豆腐を届けて、多くの人に喜んでもらいたい」と張り切っている。

「新鮮でおいしい豆腐をぜひ」と話す中村さん

 中村さんは2017年に東京から上士幌に移住。講座「かみしほろ起業塾本科コース」(生涯活躍のまちかみしほろ主催)を受講し、22年7月に豆腐店を開業した。現在は町議、熱気球のインストラクターとしても活動している。

 中村さんは、昔ながらの豆腐店が減少する中、豆腐の製造から販売まで一貫して手掛けている。大豆は町産のハヤヒカリを使用し、食品加工センターで製造。豆の特性を生かし、気温や温度、時間の管理を徹底する。

 柔らかな大豆の味わいが口中に広がる、きめの細かさが特長。材料や作り方、仕上がりにこだわりることで、「香り豊かな味わいが堪能できる」と中村さん。

 店は木造平屋。店頭では、しっかりとした食感の木綿豆腐(300グラム、300円前後)やクリーミーな滑らかさの「おぼろ豆腐」(同)を販売するほか、厚揚げ、おからも用意している。客からは「今まで食べた豆腐の中で一番おいしい」「子どもでも食べやすい」といった声が聞かれるという。

 中村さんは「豆腐を買い求めるお客さんとのひとときは、ささやかなコミュニケーションの機会にもなっている」と笑顔で話す。販売は不定期。営業時間は午後6時~同7時(予約制)。問い合わせは中村さん(090・1424・2875)へ。

関連記事

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 池田・まきばの家

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク