全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫東にウイスキー蒸留所 25年春操業目指す 埼玉の酒造企業 

埼玉県秩父市のウイスキー専業企業ベンチャーウイスキーが、苫小牧東部地域(苫東)の臨空柏原地区に、グレーンウイスキーの蒸留所を新設する。5月8日から総投資額数10億円で整備し、2025年春の操業開始を目指す。28日、着工に向けた地鎮祭を行い、肥土(あくと)伊知郎社長(57)は「素晴らしい苫小牧の水を、おいしいウイスキーに変え、皆さまを笑顔にしたい」と意欲を見せた。

地鎮祭で建設工事の安全を祈願する肥土社長=28日午前10時20分すぎ

 蒸留所の総面積は約6・6ヘクタールで、トウモロコシなどの原料を発酵・蒸留する設備、ウイスキーを長期間熟成させるための貯蔵庫などで構成。年間生産能力は2400キロリットル。貯蔵庫の規模拡大を見込むため、総投資額は幅を持たせている。25年春の操業開始に向けて、地元で新規雇用約20人を予定している。ウイスキーの熟成期間は最短3年間で、28年春に「苫小牧産ウイスキー」の市場流通開始を目指す。

 同社は秩父市でモルトウイスキーの蒸留所2カ所を操業。「イチローズモルト」が代表作で、世界的なウイスキーコンテスト「ワールド・ウイスキー・アワード」各部門で、世界最高賞に6度輝いている。ウイスキーは大麦の麦芽で造るモルト、トウモロコシなどが主原料のグレーン、両方を組み合わせるブレンデッドがあり、同社はいずれも国産で造ろうと、グレーンウイスキー蒸留所を計画。100%子会社のベンチャーグレイン(肥土伊知郎社長)を設立し、同社苫小牧蒸留所として新築する。

 27日に肥土社長が苫小牧市役所を訪れ、岩倉博文市長に進出あいさつ。肥土社長は会談後に報道陣の取材に応じ、苫小牧への進出を決めた理由について「ウイスキーに適した場所。大事な水は高品質で、採水地も見たが、環境も守られている。港や空港も近くて交通アクセスもいい。貯蔵庫を何年かに一度新設していくが、苫東は土地も広大」と述べた。

 操業開始当初は北米産トウモロコシを主原料にするが、道産品も価格動向を見極めながら積極的に取り入れる方針で「間違いなくいいものを造る。通常よりもハイクラス、付加価値を付けたウイスキーとして使うことも考えている」と展望。岩倉市長も「苫小牧の水や交通アクセス、ダブルポートが評価されての決断。苫小牧では初の業種で大変喜ばしい」と歓迎し「苫小牧産ウイスキーが今から楽しみ」と笑顔を見せていた。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク