全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝産大豆のブランド発信 「日向醗酵食品」園山社長

 老舗納豆メーカー・ヤマイチ日向醗酵食品(本社帯広)の社長に就任したタレントで食作家の園山真希絵氏(45)が27日、十勝毎日新聞社の取材に応じた。「原料にこだわり、優しい、温かい商品ばかり。感動した」と説明、他企業とコラボし納豆やおからなどを使った加工品の開発・販売も積極的に進める考えを示した。

日向社の納豆を前に、納豆カレーパンをPRする園山社長

 園山氏は、十勝産大豆を使った商品展開や、同社工場がある音更町内の水質の良さなどに触れ、「工場は古いが、働く人が丁寧に取り組んでいる。食べた瞬間、優しさを感じた」と説明。「十勝ではブランドが浸透しているが、その良さを広く発信したい。管外での販路拡大を進める。工場の増員を図り、製造量を増やしたい」とした。

 長年の飲食店経営の経験から、新たな加工食品のレシピ開発やプロデュースなども進める。特に同社の良質な「おから」に注目。チーズケーキを商品化し6月に東京・渋谷で限定販売するほか、グラノーラの開発にも取り組む予定。「十勝・帯広と縁ができたことに感謝。自身のスキルを生かし、企業や団体と連携し、地域の活性化にも尽力したい」とする。

 日向社は農産物卸の戸田商事(東京都)が今年3月末までに株式を100%取得してグループ化。同時に園山氏が、河村食材(島根県)の後谷紘輝取締役とともに、代表取締役社長に就任。1947年創業、資本金2000万円、売上高3億1746万円(2022年6月期)、従業員数28人。

 園山氏は肥満やアトピー改善経験を生かし料理研究家などとして活躍、発酵をテーマに活動している。

コラボ第1弾は「納豆カレーパン」 「小麦の奴隷」と
 ヤマイチ日向醗酵食品と、堀江貴文氏プロデュースのパン店「小麦の奴隷」を運営するこむぎの(大樹町)は「ザックザク納豆カレーパン~十勝の会社の十勝の大豆 大粒納豆使用~」を商品化し、29日~5月7日の限定で小麦の奴隷の道内5店で販売する。

 園山社長と堀江社長は長く親交があり、今回の園山氏の社長就任を記念して企画。新商品は、全国納豆鑑評会最優秀賞(1997年)で十勝産大袖振大豆が原料の納豆「豆の郷」と、カレーパングランプリ3年連続金賞のパンを合わせた。

 日向社が新体制となって初のコラボ商品。園山社長は「比率は言えないが、コクがある大粒の納豆をふんだんに加えた。外はざくざく、中はトロネバ。おいしさが後を引く」とPRする。1個450円。大樹本店のほか、美幌峠店、苫小牧店、余市店、旭川旭神店。

関連記事

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

長野日報社

山ぶどうジュース販売 甘味強く濃密な味 信州大農学部

 信州大学農学部(長野県南箕輪村)による「山ぶどうジュース」の販売が21日、構内にある同学部生産品販売所で始まった。同大オリジナル品種「五一アムレンシス」を原料に使用。甘みが強く濃密でこくのある...

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク