全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

65年の教員人生に幕 苫高商の非常勤英語講師、岩瀬さん

苫小牧高等商業学校の非常勤英語講師、岩瀬義一さん(89)=苫小牧市しらかば町=が、今年度で65年間の教員人生に終止符を打つ。定年退職後も地域の子どもたちの英語力向上を目指し、卒寿目前まで英語教育に力を注いできた。「教壇に立ち続けた人生だった。もう最初の教え子は70代にもなる」と感慨深げだ。

1年生の授業で英語を教える岩瀬さん

 山形県上山市生まれ。太平洋戦争が終結した翌年の1946年に中学校に入学した。担任教諭の熱心な指導の影響で、英語に興味を抱き、山形大学教育学部で英語を専攻。当時、同大の卒業生の多くが苫小牧で働いていたことから自身も―と、勇払中で教員生活を歩みだした。

 弥生中に勤めていた68年、道教委主催の英語教員海外研修試験に合格して1年間米国に滞在。異国の地で日本語や日本の歴史を教えたり、現地の高校を視察したりした。翌年からは英語検定にも携わり、94年の和光中勤務を最後に定年退職した。

 その後は市内の中学校数校で新任教員の指導に携わったほか、苫小牧南高校や中央高校で非常勤講師を務めた。

 生徒たちには「『(英語は)声に出して読みなさい』と言い続けてきた」と岩瀬さん。英語に興味を持ってもらうため、必ずウオーミングアップとして身近な英会話を紹介してきた。時には1分間のスピーチをしたり、日本語のことわざを英語で披露したりしてきた。

 「What day of the week is it today?(きょうは何曜日ですか)」―は、授業の冒頭に必ず生徒にする質問だ。

   ◇   ◇

 苫小牧高等商業学校への赴任は2020年。岩瀬さんの経歴に関心を持った同校の依頼で、時間講師となり週に8時間、1、2年生の英語コミュニケーション授業を担当してきた。

 いつも授業の最初には月日と曜日を英語でノートに書かせ、新聞やテレビに登場する言葉の英語での言い回しについてや、英検の問題などを1問出題。受験英語にはないことも学びたい―という生徒たちのリクエストに応えたものだ。

 1年の津久井大地さん(16)は「年齢を聞いてびっくり。中身の濃い授業で英語力が鍛えられた」と話す。猪瀨徹校長は「声が大きく、板書もきれいでもっと続けてほしい気持ち。一般的には再雇用は70歳ぐらいまでで、そこから20年近くも活躍し続けているのは異例」と語る。

 岩瀬さんは「素直な子が多かった」と教員人生を振り返り、教え子たちには「興味を持ったことは継続してほしい」とエールを送る。年齢を考慮し、3月末で教員人生に区切りを付けるが「来年度以降は不登校生や障害を抱える子どもたちのため、何かボランティアとして手伝えることがないか考えているところ」と次なる目標を明かした。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク