全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

復帰の記憶、語り継ぐ おがみ山で市民のつどい 奄美市

復帰記念碑の前で「断食悲願」の詩を朗読する、つどい参加者=25日、鹿児島県奄美市名瀬のおがみ山公園

 奄美群島の日本復帰69年を記念した「市民のつどい」(同実行委員会主催)が25日、鹿児島県奄美市名瀬のおがみ山公園であった。日本復帰記念碑の前に安田壮平奄美市長や新川康枝県大島支庁長、市民ら約40人が集まり「日本復帰祈願の歌」などを斉唱。無血で復帰を成し遂げた先人たちの強い思いをかみしめながら、平和への願いと歴史伝承の誓いを新たにした。

 「奄美群島の日本復帰運動を伝承する会」などの市民団体が中心となり、2016年から同公園で毎年12月25日に集いを行っている。今年で7回目。同会の安原てつ子副会長(69)のあいさつ後、参加者らは復帰運動の中心となった泉芳朗の胸像に献花し「断食悲願」の詩を朗読した。

 復帰70周年に向けたスピーチで須山聡さん(奄美観光大使・駒澤大学教授)は「過去の地元紙からは復帰後30~40年が経過したころに『歴史を風化させてはならない』と市民自ら思い直した流れを読み取れる。今後も記憶を語り継いでほしい」と語った。

 最後は日本に復帰した日の泉芳朗のあいさつを引用し、万歳三唱。奄美市名瀬の才田一男さん(84)は「戦争と復帰運動は生涯離れない記憶。若者には復帰の歴史を再認識し、しっかりと島を支えていってほしい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク