全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

将軍家献上300年、寒ざらしそばの提供始まる 長野県伊那市高遠町

寒ざらしそばを味わう人たち=伊那市高遠町の華留運

 長野県伊那市高遠町の高遠そば組合による寒ざらしそば「暑中信州寒晒蕎麦」の提供が23日、高遠町地区の7店舗で始まった。今年は江戸時代の高遠藩が将軍家に寒ざらしそばを献上し始めて300年の節目で、同組合は活発な広報を展開。高遠町西高遠のそば店華留運には早々に客が訪れ、伝統製法で仕上げたそばに舌鼓を打った。各店の提供期間は1週間ほど。

 同組合の寒ざらしそばは、ソバの実を小寒から立春まで水に浸し、寒風で乾かすことで、すっきりした上品な味わいになるという。2013年に同組合が復活させた。

 華留運では、江戸時代の寒ざらしそばをできる限り再現しようと工夫を重ねている。夫婦で訪れた市内の70代男性は「楽しみに待っていた。コシがあってうまい。喉越しも良い」と喜んでいた。

 同店の小松貴志さん(43)によると、リピーターも多いといい「一年でこの時期しか食べられないので、味わってみてほしい」と話していた。

 価格は全店共通で1200円(税込み)。店ごとに提供数や期間が異なる。無くなり次第終了する。(小坂和史)

 華留運以外の提供店舗は次の通り。

 壱刻、ますや、紅さくら、七めん亭、紅葉軒、きし野。

関連記事

長野日報社

長谷の野菜でピクルス 食感や外観にもこだわり

長野県伊那市長谷の農業法人ファームはせは、地物野菜などを材料に開発したピクルスを、道の駅南アルプスむら長谷で販売している。同法人の新ブランド「Colart(カラート)」の第2弾。素材の味を大切...

長野日報社

AIで飼育環境管理 食用コオロギのクリケットファームが新工場

食用コオロギの養殖、加工、販売を手掛けるクリケットファーム(長野県岡谷市川岸上、坪井大輔社長)が茅野市玉川に新工場を開設し、養殖を始めた。11日からオープンイベントを開催し、工場内やコオロギの...

長野日報社

「シナノリップ」選果 JA上伊那が生産拡大に力 長野県

 長野県のJA上伊那が生産拡大に力を入れる早生種リンゴ「シナノリップ」の選果作業が、箕輪町の選果場で始まっている。県の独自品種で、今年度は約100トンの収量を見込む。選果作業は盆明けごろにピー...

長野日報社

新しい味わい方PR ブルーベリーのピクルス商品化 長野県伊那市

長野県伊那市西箕輪の農業公園みはらしファームは、同園の農場で栽培されたブルーベリーで作ったピクルスを商品化した。8月1日から園内の農産物直売所とれたて市場で販売する。生の実をまろやかな風味の液...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク