全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

IWCリージョナルトロフィー 長野県辰野町の小野酒造店「夜明け前」が獲得

2020年リージョナルトロフィーの純米大吟醸を持つ小野社長(左)と21年発売の大吟醸を持つ清都さん

 英国のロンドンで行われた世界最大規模のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2022」のSAKE部門・大吟醸酒の部で、小野酒造店(長野県辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前大吟醸」がゴールドメダルを獲得。さらにゴールドメダルの中で特に優れた銘柄に与えられる「リージョナルトロフィー」も獲得した。

 今年のSAKE部門には1732銘柄が出品された。このうち大吟醸酒の部には206銘柄の出品があり、夜明け前を含む11銘柄がゴールドメダルを獲得。部門1位(トロフィー)は得られなかったが、全部門の中でトロフィーと同等と認められた酒にのみ与えられるリージョナルトロフィーの一つに選ばれた。

 夜明け前大吟醸の原料は酒米産地として名高い兵庫県口吉川産の山田錦。精米歩合50%以上で大吟醸とされるが、ぜいたくに35%にまで米を磨き上げて使用し、地下からくみ上げる霧訪山の伏流水で仕込んだ逸品。杜氏の清都幸夫さんによると、メロンのような華やかでフルーティーな香り、まろやかな口当たりが特徴だという。

 同社は近年、夜明け前純米大吟醸が2019年のIWCでゴールドメダル、20年のIWCでゴールドメダルとリージョナルトロフィーを獲得。国内品評会でも数々の賞を受賞している。

 小野社長は「商品名を夜明け前にしてから50年の節目の年にリージョナルトロフィーを獲得できてとてもうれしい。今後も良い酒を造り続けたい」と話している。

 受賞酒は6月中には販売を開始する予定。価格は未定。問い合わせは小野酒造店(電話0266・46・2505)へ。

関連記事

長野日報社

長野県伊那市産ヤマブドウワイン 上々の味「山紫」発売

 長野県伊那市が特産化を進めるヤマブドウ「信大W―3」を使ったワイン「山紫」の販売が23日から、市内を中心に南信地方の酒販店で始まった。昨秋収獲した果実は質、量ともに良好で、今季は過去最多の143...

“スタミナギフト”「肉丼」開発 帯広物産協会と東洋食肉販売

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

旭山学園自慢の十割そば 清水に17日そば店開店

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

長野日報社

「豊かな香り堪能して」 信州大学農学部でワイン販売

 信州大学農学部(南箕輪村)は14日、学生が昨年秋の実習で収穫したリンゴとブドウを使った2種類のワインの販売を構内の生産物販売所で開始した。ふじを使った「濃厚リンゴワイン」と白ブドウの「ナイアガ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク