全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

宮田村産ワイン「紫輝」仕込み

ワイン「紫輝」の原料のヤマソービニオンを粉砕機に入れる関係者

 宮田村産のヤマブドウ・ヤマソービニオンを使った2017年産ワイン「宮田紫輝」の仕込み式が6日、同村新田の本坊酒造マルス信州蒸溜所で行われた。生産者から持ち込まれたブドウを粉砕機に投入して、仕込み作業を開始。今年のブドウの収穫を祝い、質の高いワインの仕上がりを願った。

 紫輝は、特産ワインづくりを進める同村の中央アルプス「山ぶどうの里」づくり推進会議(会長・小田切康彦村長)が製造。19回目の今年は、約15トンのヤマソービニオンを使い、昨年と同数の1万2000本(720ミリリットル瓶)を醸造する。

 仕込み式には関係者約20人が参加。小田切村長は「関係者が一体となって紫輝を全国に広めたい」とあいさつし、ヤマソービニオンの生産者でつくる「山ぶどう栽培組合」の小田切多聞組合長は「今年もヤマブドウ特有の野性味あふれる良いワインに仕上がることを願う」と期待を込めた。

 小田切組合長や同蒸溜所によると、今年は8月中旬の日照不足により昨年に比べ酸度が高いが、ここ数日の好天で糖度は上がった。例年に比べ降水量が少なかったことで成分が濃縮され、病害虫被害も少なく「いいブドウができた」という。

 17年産紫輝は12月9日に開く「ワインまつり」でお披露目し、販売開始となる。

関連記事

荘内日報社

新東北みやげコンテスト最優秀 岡ざきのレトルト「みさきの一軒家」 県内初受..

 東北の新しいお土産品の発掘を目指す「第8回新東北みやげコンテスト」の最優秀賞に、岡ざき(鶴岡市美咲町、岡崎雅也社長)のレトルト食品ブランド「みさきの一軒家」が選ばれた。 同コンテストで最優...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

帯広南商業高校は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受...

荘内日報社

鶴岡の農家 シェフがコラボ クラフトコーラYATACOLA 食の鶴岡の“新色”..

 鶴岡市の農家とシェフらで共同開発したクラフトコーラ「YATA COLA」の一般販売が始まった。開発者は「有名なクラフトコーラに負けない味を作った。今後、食の鶴岡の新しい“色”として楽しんでもらえた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク