全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新マリン・エコ・ラベル認証シール作成 「世界基準のホッキ」アピール 苫小牧漁協

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は、水揚げ日本一を続けるホッキ貝で2021年に取得した国際認証「マリン・エコ・ラベル(MEL)バージョン2」のロゴマークシールを作成した。同漁協が出荷、販売するホッキ貝の箱に貼ってPRしており、同漁協は「今すぐ効果があるわけではないが、ホッキのパイオニアとしての強みを生かせれば」と話している。

MEL認証シール(手前下)を箱に貼り、ホッキ貝を出荷する漁協職員

 MELは一般社団法人マリン・エコラベル・ジャパン協議会の取り組み。水産資源の持続的利用、環境や生態系の保全に配慮した管理などを認証しており、19年12月に国際認証となった。18年に旧認証を取得した苫小牧漁協も、徹底した資源管理の裏付けなどバージョンアップに対応し、21年1月に「流通加工」、同4月に「生産(漁業)」の各部門で新MELを取得した。

 認証シールは同協議会への申請で作成でき、縦5・5センチ、横9センチ。エコの「e」の字に魚をあしらった公式マークと、水揚げ日本一の誇りにも通じる「PRIDE FISH(プライド・フィッシュ)」の文字が並ぶ。

 同漁協が買い受け、出荷・販売する殻付きホッキ貝を詰めた発泡スチロール箱に貼って、消費者らに「世界基準」をアピール。現在は北海道漁業協同組合連合会のインターネットショップ「北海道ぎょれん」の他、レッドイーグルス北海道試合会場での物販など同漁協が関わるイベント販売で活用を始めた。

 同漁協は「まだまだ認知度は低い」とするが、関連業界でのMEL取得の流れは加速しており「最初にやっておけば苫小牧産ホッキの付加価値は高まる」と期待。今年度中には開発を進めてきたホッキ加工の試作品もできる予定で、「加工品の販売が始まれば、認証シールもさらに活用できる」と話している。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク