全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

野鳥愛好家など展示を楽む【釧路】

 

オオワシなどの感電事故防止のために開発された道具を紹介する小笠原さん(中央)

昨年4月から大規模改修のため休館していた環境省釧路湿原野生生物保護センター(市北斗2)が10日、リニューアルオープンし、野鳥愛好家や家族連れなど123人が新たな展示を楽しんだ。

 同センターは、シマフクロウやオオワシ、オジロワシをはじめとする希少鳥類の保護、治療、放鳥などに取り組んでいる。改修により、東北海道の大自然を紹介する「四季のグラデーションウォール」や、鳥の鳴き声などを体験できる「耳すましトンネル」などを設置し、新たな観光拠点としての機能も充実させた。

 この日の来館者には、記念品としてエコバッグや特製ボールペン、手帳などをプレゼント。午前11時に行われたバックヤードツアーでは、獣医師の小笠原浩平さんがシマフクロウやオオワシ、オジロワシの生態を紹介し、参加者は展示ケージ内のオオワシや診察を行う処置室などを見学した。

 家族4人で初めて訪れたという野田時音さん(14)は「事故に遭った動物を保護して放鳥する取り組みには驚いた」と話していた。釧路自然環境事務所の中森健太さんは「体験型の展示施設として改修された。人と野生生物の共生を肌で感じてほしい」と来館を呼び掛けている。

 入館無料。開館時間は4~10月が午前9時30分~午後4時30分、11~3月は午前9時30分~午後4時。バックヤードツアーは土、日、祝日の午後1時からで、8月は平日も実施する。参加費は大人800円、中高生500円、小学生100円、幼児無料で、料金は餌代に使われる。

関連記事

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク