全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

きょう「土用丑の日」 うなぎ料理で夏バテ防止 専門店書き入れ時

新仔うなぎを焼く元村伝代表。香ばしい匂いが食欲をそそる=27日午前、舟蔵の里

 28日は「土用丑の日」。暑い時期を乗り切ろうと、日本ではこの日にうなぎを食べる風習が定着。うなぎ料理を提供する店では1年で一番の書き入れ時を迎える。石垣市内の舟蔵の里(元村伝代表取締役)にある創業46年のうなぎ専門店「只喜」では、仕込み作業に追われていた。

 調理場には、白焼きをしたうなぎの香ばしい匂いが広がり食欲をそそる。南国の高温多湿な気候に負けないよう改良した、オリジナル秘伝のタレをつけてかば焼きにしていく。

 只喜では宮崎県産の新仔うなぎを使用。調理直前まで生きた状態の「活鰻」にこだわる。新仔うなぎの身は厚く柔らかいのが特徴で、調理時に「蒸し」の工程が要らない。

 焼き網に向かう元村代表によると、台風6号の影響で飛行機が欠航したため、入荷が遅れたという。数日前に入荷が再開し忙しさを増している。

 うな重、うな丼のほか、ヒレカツとうな重の二段弁当も人気メニューだ。

 年間を通して土用丑の日前後、母の日、父の日に需要が高く、28日は朝5時から仕込みを始める予定。

 元村代表は、うなぎの味をPRしつつ「土用丑の日だけでなく、それ以外の日も食べていただきたい」と話した。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク