全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

さっぽろホワイトイルミネーション開幕 道都の夜を光で彩る

今季初登場し人気を集める「光のエキシビショントンネル」=24日夜、大通公園西7丁目

 第37回さっぽろホワイトイルミネーション(実行委主催)が24日夕、札幌市中央区の大通公園をメイン会場に開幕した。今季は札幌駅南口駅前広場なども新たに加わり計5会場に。約78万個のLED(発光ダイオード)電球を使用して幻想的な光の世界を演出し、道都の冬の夜をロングランで彩る。

 今季は従来の大通会場(大通西1~8、12月25日まで)、駅前通会場(北4~南4、来年2月12日まで)、南1条通会場(南1西1~3、来年3月14日まで)のほか、新たに札幌市北3条広場会場(北2~3西4、来年3月14日まで)と札幌駅南口駅前広場会場(北5西3、同)が加わった。点灯時間はいずれも午後4時半~10時。

 初日は午後4時半から、大通会場で点灯式を実施。実行委の星野尚夫会長が開祭宣言した後、詰め掛けた大勢の市民らがカウントダウンし、一斉に点灯。断続的に降る雪の中、鮮やかな光の芸術が浮かび上がり、歓声が上がった。

 今季の目玉の一つは、大通会場の西7~8丁目に登場した「光のエキシビショントンネル」(延長260メートル)。札幌、長崎、神戸の日本新三大夜景都市をイメージして表現したという。この他、西4丁目には光の噴水とダイヤモンドをモチーフにした光の宮殿もお目見えし、観光客の人気を集めている。

 25日からは、協賛行事の第16回ミュンヘン・クリスマス市(12月24日まで)も大通公園西2丁目でスタート。ホワイトイルミと連動し、にぎわいを創出している。

関連記事

釧路新聞社

谷口夫妻 林産で天皇杯【標茶】

谷口種苗農園(町開運8)取締役会長の谷口洋一郎さん(77)と同取締役の希(まれ)子(こ)さん(70)夫妻が、2019年度第58回農林水産祭天皇杯(林産)を受賞した。 天皇杯林産部門の受賞は道内...

小浜小の6年生7人 島の魅力、観光パンフ作成 はいむるぶしに贈呈 

 【小浜】小浜小中学校(漢那ひとみ校長)の小学6年生7人がこのほど、来島者に島の良さ・魅力を伝えようとパンフレットを作成、小浜港とリゾート施設「はいむるぶし」に贈呈し観光客への配布を依頼した。 ...

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵...

世界で働く極意学ぶ

東三河の魅力企業スタディープログラム  県は18日、「第2回東三河の魅力企業スタディープログラム」を県立時習館高校(高畑尚弘校長)で開いた。1年生320人が参加。2016年から実施している「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク