全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

59センチニジマス 右腕1本で 隻腕のアングラー 音更の野中さん

 不慮の事故で左前腕を失い「隻腕のアングラー」として活動する町木野大通東17の会社員野中公人さん(40)が19日、十勝川水系の1級河川で59センチの大物ニジマスを釣り上げた。野中さんは右腕一本でルアーフィッシングをする動画をユーチューブで公開しており、身体的なハンディキャップを隠さずに釣りの楽しさを広く伝えている。

ユーチューブで釣りの楽しさを伝える野中さん

 野中さんは26歳の時に左腕の肘から先を失った。自暴自棄になり、大好きな釣りも嫌になった。ロッド(さお)を振るにも、リールを巻くにも、魚を取り込むにも右腕だけでは難しかった。さらに屋外に出掛けると、人目が気になった。

 野中さんは、次第に人目を避けるようになり、釣りにも出掛けなくなってしまった。しかし「家族や釣り仲間の励ましもあって、気持ちが前向きになれた」という。その後は積極的に隻腕であることを公表するようになり、2017年5月には、釣り仲間とインスタグラムで釣果を紹介し始めた。

 釣りは、小学1年生の時に父親に連れられて行き大好きになった。社会人になっても趣味として河川、湖、海へ釣りに出掛けたが、不慮の事故で釣りライフは一変した。

 ロッドは、振りやすさを考えて7フィート(約2.1メートル)の軽くて短いものにした。餌は生き餌ではないルアー中心に。リールはハンドルの持ち手部分を球状のものに付け替え、左上腕の先端に100円ショップで購入した直径3.5センチの計量スプーンを乗せ、ハンドルの持ち手部分をスプーンに入れて押さえながら巻き上げるスタイルを確立した。

59センチの大物のニジマスを釣り上げた野中さん(19日、野中さん提供)

 19日は釣り仲間と2人で出掛けた。午前10時半ごろ「最初は根掛かりかと思った」が、すぐに強烈な引きがあり約6分間の格闘の末に取り込んだ。自分史上最大のニジマスに「すごく感動した」と振り返り、満面に笑みを浮かべた。

 今春からは釣り仲間と一緒に「ワンチキ釣りだべさ」のチャンネル名で、ユーチューブに釣り動画をアップしている。今後は80センチオーバーのイトウ、さらに知床でカラフトマスの大物にも挑戦したいという。野中さんは「釣りの楽しさを、自分も楽しみながら広く伝えていきたい」と張り切っている。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク